ブログ

腸は「第2の脳」と言われる理由

美と健康を通して地球環境浄化(^◇^)地球の応援団 団長こと鳥辺康則です。

皆さんは人間の健康にとって腸内環境のバランスがとても重要ということをご承知のことと思います。

正常な人でも毎日3,000から4,000個発生すると言われるがん細胞。

そのほとんどが、町内の粘膜から生じると言われています。

だからこそ、免疫機能の70%集中している腸の状態を整え、がん細胞や、外からやってくる病気の元を素早く感知し、攻撃するための免疫システムを万全な状態にしておく必要があるのです。

特に食品添加物、残留農薬を始めとする現代の毒に囲まれた生活する私たちにとって、腸内環境整えておくことが必要不可欠といえます。

日本の昔の食生活は発酵食品や、ぬか漬け等による伝統食のスーパーフードが、腸内環境のバランスを整えるのに本当によく働いたと言われています。

それら発酵食品やぬか漬けの植物性乳酸菌は、動物性乳酸菌と違い、厳しい環境でも生き抜き、胃酸に強いと言われております。

しかし昨今のそれらの日本伝統スーパーフードも、食品添加物等が、大量に添加されているケースもあり、本当に生きた植物性乳酸菌が少なくなってきてると言われています。

もともと腸は、入ってきたものを体に良い影響与えるか?悪い影響与えるか?を「判断」し、さらにそれをパターン化して「記憶」していく機能なのです。

「判断」「記憶」!まさに脳の働きそのものとして腸は第二の脳と思言われております。

そんな体の免疫機能で最も大切な腸のバランスを整えることに、最適ないろいろな商品を弊社では扱っております。

添加物を入れるのをやめましょう!と言っても無理な現代社会の食生活ではいかに外に出すか(デトックス)が大切になります。

どうぞ弊社の腸内バランスを整えるありえない結果を出す商品群をお試しくださいませ。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事一覧

最近の記事

おすすめの記事

おすすめ商品

キャンペーン情報