ブログ

自己免疫疾患の患者さんが増えている

今日から本格的な強い寒波が東北や日本海側を襲うみたいなので気をつけましょう

株式会社 日向の鳥辺康則です(^◇^)

低体温による免疫が下がっている人が多いと言うブログをいくつか書かさしていただきました

身体の免疫力が下がるとさまざまな菌やウィルスに感染しやすくなります

明記力を上げるためにも運動や食事、お風呂や温泉につかるなど様々なことが大切だと書かせていたきました

しかし・・・

実は世界を見ると免疫が低下することによって起こる病気よりも、免疫が暴走することによって起こる疾患の患者さんが増え続けているのです

つまり、自己免疫疾患の患者さんが増えていると言うことです

自己免疫疾患ってあんまり聞いたことない言葉ですよね〜

自己免疫疾患って何?どうしたらいいの?


今、アメリカでは5000万人以上が何らかの自己免疫疾患になってると言われています

その数は実に国民の5人に1人になります

そのうち女性が75%を占めているのです

この10年だけでも増加の一途をたどり、今やその総数は、ガン・心臓病・糖尿病を合わせた数よりも多いのです

ビックリでしょ〜

そもそも自己免疫疾患とは何なのでしょうか?

自己免疫疾患は「自分の免疫システムが、本来敵とみなすべきでない自分の細胞や組織を攻撃してる状態」なんです

つまり、免疫の暴走です

分かりやすく、いくつかの病名で言うと

リウマチ・アトピー性皮膚炎・花粉症・喘息・アレルギーなどです

バセドウ病・クローン病・IBS・線維筋痛病・ループス・レイノー病・橋本病などもそうです

なんと実は100近い数の病気が自己免疫疾患なのです

なぜこんなに自己免疫疾患が増えてるのかといいますと理由は次のように言われています

① 化学物質の増加

② アレルギー物質の増加

③ 悪い食生活

④ ストレス

⑤ 体内微生物のバランスが崩れる

その他にも様々な原因が調べられています

自己免疫疾患は「リーキーガット」と呼ばれる腸内壁の症状で始まるといわれています

腸内壁をボロボロに傷めてしまう原因として様々な食材が懸念されています

原因で最も多いのが砂糖や添加物の存在です

甘いものを好んで食べていると腸内壁がボロボロになっていくということが証明されています

さらに食品着色料、人工甘味料、加工食品、ファーストフードも影響与えると結果が出ています

また現代病の1つであるストレスが大きく関与していると言うこともわかっています

ストレスを軽減させるために最近流行ってるのが、ヨガ・ストレッチ・気功・マインドフルネス瞑想などです

しかし私は寝る前にお風呂に入るだけでかなりのストレスが軽減することを以前にもブログに書きました

私は常々自然界はすべてバランス(調和)で保っていると思っています

人間の身体も全てバランスが重要だと思っています

アルカリ性食品が体に良いからと言って食べすぎると病気になります

血圧を下げるサプリメントを飲み続けると逆に血圧が下がりすぎて病気になります

世の中に出ているほぼ全てのサプリメントは一方方向には働きますが双方には働かないのです

鉄分が不足してるからといってサプリメントを取りすぎると病気になります

カルシウム不足してるからといってサプリメントを取りすぎると逆に骨粗しょう症になります

人間の身体の神秘はいまだに解明されていません

身体を構成している設計図が解明されただけなのです

何事も自然界は絶対調和(バランス)で成り立っていると思っています

そこに意識が加わることによって生命が誕生してると思っています

私たちがあつかう商品群はサプリメントではありません

すべての調和、バランスを整えるエネルギー商品なのです

生命を輝かせる!本来あるべき姿に戻す!

そんな絶対的なバランスを取る働きをするエネルギー商品群なので興味ある人はお問い合わせください

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事一覧

最近の記事

おすすめの記事

おすすめ商品

キャンペーン情報