ブログ

自殺対策白書の内容に心が痛い

美と健康を通して地球環境浄化(^◇^)地球の応援団 団長こと鳥辺康則です。

ご存知の方々も多いと思いますが、政府が30日に2017年版の「自殺対策白書」を閣議決定し、公表しました。

内容は、自殺者数は減少傾向にある中、死亡原因は15歳?39歳で自殺が依然として最も多く、白書は「世界を牽引する若い世代の自殺は深刻な状況にある」としている。

年間の自殺者数は、2003年の34,427人をピークに減少。2015年に24,025人、2016年は21,897人となり、22年ぶりに 22,000人を割ったそうです。

人口動態統計を基に15年の死因順位を5歳ごとの年齢層別にみると、10代前半や40歳以上は「ガン」が最多で、2位に「自殺」「心疾患」が並ぶ。
一方、15歳?39歳は、いずれも前年と同様に「自殺」が最も多い。
中でも20代後半は、2位の「ガン」の3.8倍、20代前半も、2位の「不慮の事故」の2.9倍だった。

世界と比べても日本の自殺者数は、世界各国のうち上位だったことがわかった。
190の国と地域のうち、日本で自殺した人は6番目に多く特に女性は3番目に多かったと言う。

近年は、フランス、ドイツなどの若者の自殺は減少傾向にある。

この内容を知って、特に心を痛めたのが若者の自殺数の多いことです。

自殺の原因は様々と言われています。
家庭環境、生活環境、学校内の環境(いじめ)、友人関係のトラブル、SNS等の問題、化学物質による体内汚染による影響、デジタル社会における脳トラブルによる影響、金銭の問題、仕事上の問題、あげたらキリがない位複雑と思います。

しかし結果的には、人と人との関係の問題が1番では ないでしょうか?

人健康を通じて地球環境浄化。その意義は、心身の浄化と成長。このことを主に20年間がんばってお仕事をさせていただきましたが、本当に何人の若者のお役に立てたのかと心を痛めます。

もっと若者に関心を持ち、もっと若者の声を聞き、もっと若者と向き合えば、もしかするとこの数字は変わっていたのかもしれません。

今こそ、トリニティー や ビーワンの絶対的な、必要性があると感じます。

ますます5%プロジェクト達成の為に進んで行きたいと思います。

ceo-profile-img

美と健康を通して地球環境浄化(^◇^)
地球の応援団長こと鳥辺康則です。
初めて私のブログをご覧頂ける方はコチラもご一読頂ければ幸いです。
》鳥辺康則(とりちゃん)の生い立ち

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事一覧

最近の記事

おすすめの記事

おすすめ商品

キャンペーン情報