ブログ

自然治癒力にまさる治療はない!

美と健康を通して地球環境浄化(^◇^)地球の応援団 団長こと鳥辺康則です。

「自然治癒力にまさる治療はない!」
この言葉は昨年他界された 安保徹教授(新潟大学大学院医学部) のお言葉です。
教授が生前 何度かお会いする機会があり色々なお話をさせていただいたことを懐かしくおもいます。

「ガンを治すには3つの原則がある」と言われます。

① 笑うこと – 笑いは大自然が与えてくれた最大のクスリ
② 食事を改めること – 食も「人」を「良」くすると書きます。
③ 体を温めること – 「冷え」は万病のもと!特にガン細胞は身体が冷えると急速に増殖を始めます。

この3原則の話をすると 教授は「だったら 温泉旅館に行けば良い!」といわれました。

① 温泉旅行に笑いは付きもの。日頃の雑多から離れてリラックスできる。
② 四季折々の山菜や温泉郷の自然食をいただけば それはまさに食事療法そのもの
③ 身体を温めるはまさに温泉の独擅場ですね。

近代医学でも「温泉医学」は科学的治療として認められています。
「飲用泉」も含めて色々な薬効があります。

温泉と一言でいっても多種多様あり 大まかに分けると下記の通りになります。
○ 食塩泉 – 入浴後も皮膚に塩分が付着して汗の蒸発を防ぎ保温効果が得られます。「暖まる温泉」「熱の温泉」ともいわれます。
効能効果は、リューマチ・冷え性・不妊症・婦人病など。飲泉すると 胃酸分泌や胃腸運動を正常化するため「胃腸の湯」とも呼ばれてます。蒸気吸入すると慢性気管支炎にも良い。

○ 炭酸水素塩泉 – 「重曹泉」ともいわれます。入浴後 皮膚表面が軟化して皮膚病に効果あり。
汗の蒸発が盛んになる為「冷の湯」、皮膚を滑らかにする為「美人泉」ともいわれます。
効能効果は、火傷・切り傷などにも効きます。飲泉すると 胃酸を中和して慢性胃炎・胃潰瘍にも効果あり。
胆汁分泌を促し、胆石・胆のう炎・糖尿病・通風・尿酸結石などにも効果あり。

○ 硫酸塩泉 – 硫酸塩泉は3種あります。
① ナトリウム系 = 慢性便秘・肥満症に良い。飲泉は胆道疾患などに効果あり。
② カルシウム系 = 高血圧・動脈硬化・脳卒中・慢性リューマチ・火傷・捻挫など 飲泉はアレルギーに効果あり。
③ マグネシウム系 = 高血圧に効果があり「脳卒中の湯」と呼ばれます。麻酔の軽減も効果あり。

○ 単純二酸化炭酸泉 – 炭酸ガスが溶け込んだ湯で「ビール温泉」「泡の湯」とも呼ばれます。血液の循環を良くし血圧を下げる為に「心臓の湯」とも呼ばれます。
飲泉するとサイダーのようで 食欲増進・胃弱・便秘に効果あり。

大まかな解説ですが、温泉には未知なる効果も含めて様々な大自然の恵みがあります。

中々忙しくて温泉旅行に行けない??と言われる方には、自宅で天然温泉が味わえる商品も多数ありますよ?。
ちなみに、バス○リンなどの入浴剤は経皮吸収毒性の観点からも絶対にやめましょうね?。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事一覧

最近の記事

おすすめの記事

おすすめ商品

キャンペーン情報