ブログ

英国風パブ「HUB」が面白いと思います

美と健康を通して地球環境浄化(^◇^)

地球の応援団長こと鳥辺康則です

初めてブログを読んでいただける方はコチラを

鳥辺康則(とりちゃん)の生い立ちはコチラ

昔イギリスへ旅行した時に、夕方になるとたくさんの人たちがパブでお酒を交わしながら話し合ってる姿を見てびっくりしたことがある(笑)

英国では完全にパブの文化が根付いてると本当に思いました

一軒のパブで長居をするのではなく、パブ〜パブへと流れていく姿を見て、まるで日本文化と言う「せんべろ」の立ち飲み文化と同じだと思いましたw

英国ではパブと言うかっこいい名前ですが、日本では立ち飲み「せんべろ」ですから笑ますよね

「PUB」とは「Public House」を略した語で「公共の家」と言う意味らしいです

この英国の国内に数万件あるとされるパブ文化を日本に広めるために作られたのが「HUB」だと言うことです

HUB」を体験してきたのですがものすごく楽しかったです

英国パブ文化を伝える使命がある


英国パブチェーン「HUB」は2017年4月に、国内100店舗突破いたしました

1980年の1号店から数えたら37年目の快進撃です

実際初めてHUBに行ってみると、そこは英国そのものでした(笑)

オーダーはカウンターでドリンクとおつまみを注文しその場でお支払いするキャッシュオンデリバリーです

おお〜 これも日本の立ち飲み文化に近いですね

実際ドリンクメニューが非常に豊富なのです

ビールだけかと思えば、カクテルやワイン様々な種類のアルコールが楽しめます

さらにハッピーアワーは、カクテルドリンクが50%オフになります

つまり・・・

190円〜アルコールが飲めるではないでしょうか!

ますます日本の立ち飲み文化「せんべろ」と似ていることを感じます

おつまみも意外と美味かった(笑)

イギリスと言えば「フィッシュandチップス」と思っているのは私だけでしょうか?

  • タコのカルパッチョ
  • 生ハム
  • ナチョス
  • 枝豆
  • スティック春巻き
  • ローストビーフ
  • フィッシュandチップス
  • サクサクポテトフライ
  • マルゲリータピザ
  • 炙りベーコン
  • ブルーチーズの揚げ
  • パスタスティック
  • 牛肉のバーベキュー などどれをとっても本当においしいのです

そしてなんといっても安いことです

キャッシュオンデリバリーなので明瞭会計で自分の良いところでストップできるのも大好きです

本当にハッピーアワーなどでは1000円片手にほろ酔い気分で良い気持ちになること間違いなしです

調べてみると都市伝説で「HUBには幸せになれる出会いがある」と言う話が広まっています

ま〜ある意味、知らない者同士が盛り上がるには絶好の場所と言っても良いかもしれません

1人で行って、1000円で酔える日本の立ち飲み文化とここが違うかも知れませんね!

あくまでも英国パブでは中の良い者同士が話し合いをする和気あいあいとした場所なのです

本当に楽しい雰囲気です

調べたら創業者はあの方でした


興味がありHUBの創業者を調べてみたら、なんとダイエーの創業者である中内功氏ではないですか!

中内功氏が英国へ旅行した時に体験した英国パブがきっかけとなり1980年に神戸三宮に「HUB」をオープンしました

しかし当時の日本では自分でお酒を運ぶ「キャッシュオンデリバリー」が普及しておらず面倒がられてしまいなかなか最初から好スタートではなかったみたいです

また、お酒を飲ませる大衆業態にもかからず軽食以外の食事メニューがないことも顧客が寄り付かない原因だったと言われています

中内功氏の先見の目はしばしば先を行き過ぎてることも多々あるのです

外食では、日本初のハンバーガーチェーン「ドムドムバーガー」や、ステーキハウスの草分け「フォルクス」も中内氏によって設立されています

他にもグルメバーガーの「ウェンディーズ」、ハンバーグ専門のファミレス「ビックボーイ」を米国から持ってきたのも中内氏です

中内氏が作る業態は世の中より数十年進みすぎているケースが多いのです

ではHUBはどうでしょうか?

一言で言うと世の中がようやく追いついてきた感じです

女性の間で英国では一般的なエールビールがフルーティーで飲みやすいと話題になり、料金の安さや手軽さ、異性との出会いなども含めて今大変に話題になっています

去年1年だけでも9店舗増えているのでその勢いが窺われます

同社は2024年までに200店舗の展開を目指すと発表しています

これまでは首都圏、関西、名古屋、仙台に出店してきていますが今後は政令指定都市を中心にして店舗展開を早めると言うことです

これからも目が離せない飲食店の1つだと思いました

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事一覧

最近の記事

おすすめの記事

おすすめ商品

キャンペーン情報