ブログ

身体に蓄積される重金属の弊害は

美と健康を通して地球環境浄化(^◇^)

地球の応援団長こと鳥辺康則です

初めてブログを読んでいただける方はコチラを

鳥辺康則(とりちゃん)の生い立ちはコチラをクリック

現代人の食生活のいて非常に気になるのが、添加物、化学物質、農薬などの物質だと思います

防腐剤ひとつとっても、日本人は1年間に4〜10g程度摂取していると言われています

そんな中でもう一つ気になるのが「重金属」だと思います

重金属というと思い起こされるのが

  • 水俣病
  • 新潟水俣病
  • イタイイタイ病
  • 四日市喘息 などの多くの被害者を出した四大公害病です

産業が発展する一方で、大気汚染、河川の汚濁、土壌汚染、騒音、震動、悪臭、地盤沈下など様々な問題が発生し郊外となって大きな社会問題になりました

これらの公害病は、重金属を扱う工場で働いていた人や近隣住民が主に被害者でした

その後、重金属が人間に及ぼす害が明確になり国の規制によって収縮していきました

しかし、重金属の問題は全くなくなったのでしょうか?

重金属が蓄積されると様々な不調が現れる


重金属が身体蓄積されると、慢性的な身体のだるさ、アトピー、アレルギー疾患、自閉症、キレやすい、不妊といった症状もおこる可能性があると言われています

そして目に見える症状だけではなく、有害な重金属が長期的に体内に入ると解毒機能である肝臓に蓄積され、腎臓や腸、脳、免疫系にも深刻なダメージを与えるといわれています

食品添加物や残留農薬等などは、水に溶けやすいので体内に入っても尿や便として排泄される可能性があります

しかし重金属は、水に溶けづらく脂に蓄積される傾向があるので、女性であれば子宮の病気を誘発したり、脳に蓄積されることも懸念されています

つまり体内に入ると、体外に排泄しづらい物質だということです

他の化学物質とは全く性質が違うのです

重金属は目に見えないので、気をつけようと思ってもなかなか難しいのが現状です

大気汚染、飲料水、銀歯、食品、農薬、ワクチンなど様々なものを通して日々私たちの身体に入ってくるのが重金属です

例えば日ごろ何気なく飲んでいる水道水ですが、昭和初期から50年代までに敷設された全国の水道管は鉛を使ったものがほとんどで、鉛間からは常に微量の鉛が溶け出していくことがわかっています

鉛が過剰に蓄積されると、腹痛、貧血、食欲不振、尿量の減少などが起きます

その他にも歯医者さんに行って口の中に詰められた金属も問題とされています

今や国民の70%以上の方が銀歯があると言われています

以前は、銀歯に使われているのは「歯科用水銀アマルガム」です

アマルガムは、口の中で腐食し、水銀が体内に吸収されます

その後心臓に送られ、血中に入り全身に回ることで様々な影響が出ると言われています

アマルガムが原因で起こる可能性がある症状は、思考能力の低下、情緒不安定、鬱、認知症、アルツハイマー、動悸、高血圧、不妊、早産などです

歯の詰め物がすべてアマルガムではありませんが、70年代以前に詰めた詰め物は可能性が高いです

他にもワクチン接種食品の中にも含まれているケースが報告されています

重金属を調べるときに一番有益なのか毛髪ミネラルチェックです

髪を調べることによって体内に含まれている重金属の比率がはっきりとわかります

なぜ?髪なのでしょうか

答えは毛髪は重金属の排泄器官なのです

水に溶けづらく脂に馴染む重金属は主に脳に蓄積されると言われます

それを排泄するには頭皮から分泌される皮脂と一緒に排泄するのが1番良いのです

私たちは頭皮デトックスをお勧めしております

ご家庭で簡単にできて体内に蓄積されている重金属を効果的に体外に排泄することが可能だと思っています

お風呂に入りながら「オールインローション」をスポイトに100CC入れて、頭からお水入れをいたします

とても気持ちが良くすっきりした気分になります

私は毎日それを行っているので常に清々しい気持ちです

ご家庭でできるヘッドスパをぜひ今日から始めてはいかがでしょうか?

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事一覧

最近の記事

おすすめの記事

おすすめ商品

キャンペーン情報