ブログ

身体の不調は肌にでてくるので注意を

毎日のように忘年会が続くと肝臓が弱ってきて肌にさまざまなトラブルが現れます

暴飲暴食は控えめが良いですね〜

株式会社 日向の鳥辺康則です(^◇^)

肝臓は臓器の中で1番大きく、その重量は約1.2〜1.5kgくらいあります

働きは様々ありますが大きな役割として「解毒作用」があります

アルコール、アンモニア、薬など体にとって有害な物質を濾過してくれる働きがあります

しかし肝機能が低下し濾過しきれなくなると排泄器官に回され排泄されます

皆さん知っていることですよね〜

排泄器官には4つあります

大腸・腎臓・肺・肌があります

大腸は便を

腎臓は尿を

肺はガスを

肌は汗や皮脂を排泄します

肝臓に負担がかかると、これらの排泄器官も体内に毒素を溜めないようにフル稼働して働くのです

しかし・・・

便秘気味だったり、水をあまり飲まなかったりすると排泄器官の解毒作用が低下しすべては肌へと負担とつながります

それらを解決するものは・・・

りんごが持つスーパー効能効果


先日青森県八戸に住んでいる澤頭めぐみさんにお願いをして特上のりんご送ってもらいました

食べてみると・・・

甘い〜 w

東京でもりんごは買えますが全然違うのです!こんなおいしいりんご食べたことない!

そこで、りんご調べてみると様々な効能効果があることがわかりました

・便秘の改善

りんごにはペクチンと言う水溶性食物繊維が豊富に含まれています

ペクチンは水分を吸収してゲル状になり腸内の便を吸着して排出を即す作用があります

また、善玉菌である乳酸菌の餌となり腸内の乳酸菌を増やすことで、腸内環境を整える効果もあります

つまり、腸の働きを活性化し腸内の掃除をしてくれると言うことです

通りで便通が良くなったと思いました(笑)

・美肌効果

りんごに含まれるプロシアニジンやクロロゲン酸といったポリフェノールには強い抗酸化力があり活性酸素を減らす作用があります

活性酸素を減らせば、シミ、そばかすができにくくなり美肌効果が期待できます

・老化やガンの予防

りんごポリフェノールには特に強い抗酸化力を持ったプロシアニジンが含まれているからこそ、余分な活性酸素の取り除き、老化の進行を遅らせてガンの予防に効果があると言われています

・疲労回復

りんごはりんご酸やクエン酸といった有機酸が含まれていて、いずれも疲労回復させる作用があります

身体の中に溜まった疲労の元となる乳酸やピルビン酸などを減らしてくれます

他にも、口臭予防・むくみ対策・鉄分の吸収を高める・貧血予防・糖尿病にも効果があります

なんか調べれば調べるほどりんごは薬いらずのスーパーフードだと思いました

りんごの栄養成分は皮に多く含まれているため、皮ごと食べるのが良いと思います

その他にもすりおろしたりスムージーの具材にしたりするのがオススメです

それでもダメでしたら・・・

カルシストXやトリニティークリスタルというデトックス商品がありますので飲むことをお勧めします

一人ひとりの生命を輝かせ、本来あるべき姿に戻すのがこちらの商品の力です

りんごは薬いらずですが、農薬を多量に使う果物の1つとしても有名です

食べる前にはボールに水を張りトリニティーZを数滴入れてりんご10分間浸しておくと良いと思います

皮の表面に残っている残留農薬などを全て分解いたします

暴飲暴食が続く年末年始にはりんご食べて体調を整えてみてはいかがでしょうか?

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事一覧

最近の記事

おすすめの記事

おすすめ商品

キャンペーン情報