ブログ

養殖サーモンは危険な食べものなのか?

昨日群馬県太田市で講習会をさせていただきましたw

初めて会うたくさんの方々もいたのでとてもうれしかったですw

株式会社 日向の鳥辺康則です(^◇^)

講習会終了後に懇親会として太田市のおしゃれなカフェに行きました

パスタやリゾット、ステーキやハンバーグなどメニュー数も多くいろいろ迷いましたが、選んだ料理は「アトランティックサーモンのグリル」です

脂がのったアトランティックサーモンはとても美味しくて大満足でした

しかし・・・その後ある方から指摘を受けました

それはアトランティックサーモンは世界一危険な毒性の強い魚だと言うことです

えー🤨食べてしまった(笑)

こんなに美味しいのに何が危険なんだろう?と調べてみました

調べると・・・

地球上で最も毒性の強い食品なの?


そもそも日本の水産関係者の間では「鮭」と「サーモン」は全く別物だと言うことです

「鮭」は天然物で、「サーモン」は養殖の鮭を指すようです

へ〜知らなかった

アメリカの環境保護庁(EPA)は、養殖サーモンを毎月一食以上食べないように推奨しています

何で〜

なぜならば養殖サーモンが危険だと言うことらしいのです

危険な理由1 : 養殖サーモンに与えられる餌は、とうもろこしなどの穀物類に加えて豚肉や鶏肉など本来天然の鮭が食べないものを与えている

その餌には大量の化学物質が使用されていると言うことです

原料となる穀物が生産される際に使用された農薬だけではなく、感染症を防ぐための抗生物質や合成ビタミン、身の発色を鮮やかなピンクにするため合成の着色料など様々使われています

他にも、ダイオキシン類やPCBなどの汚染物質も大量に含まれていると言う事実があるみたいです

それら化学物質は脂肪に蓄積することが知られています

つまり回転寿司等で食べる脂がのった大トロサーモンなどが特に蓄積されていると考えられているそうです

当然、それらの化学物質は食べた人間の体内に蓄積されます

危険な理由2 : 遺伝子組み換えサーモンが許可されている

「フランケンフィッシュ」と言われる遺伝子組み換えで創られた養殖サーモンがたくさん売られていると言うことです

遺伝子生組み替えられた動物が食べ物として認められたのは世界初と言うことです

全世界で遺伝子組み換え食品は健康に対して予想のつかない悪影響与えることが懸念されています

このような養殖サーモンを頻繁に食すると次のような病気が懸念されます

・ガン

・記憶障害

・ADHD、自閉症

・免疫障害

・白血病

・肝臓病

・多臓器不全

・アレルギー

・遺伝子異常

・不妊、流産、死産

知れば知るほどヤバイですねー

ちなみに天然の鮭は大丈夫だと言うことらしいです

回転寿司店や洋食レストランで出される養殖サーモンはできたら口にしない方が賢明だと知りました

昨日すでに食べてしまったのでデトックス商品を飲んで極力体外に排泄しようと思います

様々な食のカラクリがあり消費者には知らされてない実態がまだまだあると痛感しました

自分や家族の健康は自分たち自身で守らなければならないと思います

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事一覧

最近の記事

おすすめの記事

おすすめ商品

キャンペーン情報