ブログ

お客さまの質問に対して「ブログ」を書く事は大切だと思います

先日お客様からあるシンプルな質問をされました

その質問とは「消臭・除菌効果のあるファ◯リーズは、本当に安全なのでしょうか?」と言う質問でした

株式会社 日向の鳥辺康則です(^◇^)

僕は特定の商品だけではなく、日本で売られている多くの消臭・除菌剤は安全性に疑問を持っています

メーカーに問い合わせても、規定量を守って正しく使えば安全です!と言われます

以前某大手広告代理店のコピーライターさんと話す機会がありこんな会話をしました

コピーライターの仕事ってなんですか?の問いに対して、コピーライターとは「ないものをあるがごとく消費者に信じ込ませるのがコピーライターです」と答えられました

ひどい言い方をしたら消費者に信じ込ませるのがコピーライターと言うことです

それが危険であっても安全と信じ込ませる!

それが嘘であっても真実と信じ込ませる!

イメージやメディア洗脳によって悪を善に変えることもできるのが仕事と言うふうに聞こえてしまいます

もちろん全てのコピーライターがそういうわけではないと思いますが・・・

さらに消費者を洗脳するような大げさなCMが気になります

ファ◯リーズを使えば家一見丸ごと選択できるようなイメージを持たせています

ソファーを丸ごと洗濯機に入れるような感覚です

今ではバリエーションも増え、トイレ用・リビング用・衣類用・車用・スポーツ用品用など様々な商品が販売されています

新型コロナウィルスの影響などもあり、消費者の中には除菌や殺菌に力を入れている家庭も多くなったと思います

その影響もあり売り上げも伸びていると言うことを聞きました

では一体本当に安全なのでしょうか?

Quat(第四級アンモニウム塩)は安全だとは言い切れない成分だと思います


P&G「ファ◯リーズ」等に使用される除菌成分「Quat(第四級アンモニウム塩)」は絶対に安全だとは言い切れないと思うのです

米国などの実験では、メスのマウスが妊娠率や胎仔数の減少、オスで精子濃度や運動性が減少したと言う研究報告がされています

毒性が発見されたきっかけは、大学の実験室の洗浄剤を「Quat」に変えてから、実験動物の流産が増えたことが挙げられます

カーペットや毛布に噴霧したものを吸い込んだり、子供が舐めたりする可能性もあります

車用の場合は直接吸入される恐れがあるので、妊娠中の母親、赤ちゃん、若い男性は使用を控えた方が良いと環境団体が警告を出しています

スプレーで噴霧された量の0.8%以上を吸引しただけで安全とは言えない量になると言うことらしいです

第四級アンモニウム塩は、汗や臭い対策の薬用化粧品などにも使われているのでチェックしてみて下さい

消臭と除菌を分けて見てみます

消臭成分としては「トウモロコシ由来消臭成分」としか書いていませんが、化学物質としては「β-シクロデキストリン」と言うものです

環状のオリゴ糖で、輪の中に嫌なニオイ等を包み込んでしまうことで匂いを感じなくさせる作用があるのです

これ自身はトウモロコシのデンプンから作られたもので食品添加物としても許可されているので比較的安全性は高いと言われています

そして除菌作用が「Quat」と言われる第四級アンモニウム塩と言う化学物質の総称です

上記の動物実験で非常に少ない量でも妊娠中の胎児に影響与えたり、精子に影響与えることが報告されています

しかしそうした動物実験の多くは、餌や水に混ぜて食べさせたりしたものの可能性があるので、消臭・除菌剤は飲まないので安全だという説もあります

私の意見としては、確かに飲んだりはしないのですが噴霧したものを経吸収により体内に取り込んでしまう事は間違いないと思っています

実際日本では東京都の研究機関である「東京都健康安全研究センター」が5年間にわたり調べた研究データが残っています

その結果をまとめると、15回噴霧した除菌成分の0.8%以上を吸い込んだら摂取量安全摂取量を超えることになると言うことです

よくわからないのですが、絶対安全とは言えないと言うことだと私は思っています

特に車の中などは密閉空間なので気をつけた方が良いと思います

お客さんの質問を受けて少しだけ簡単にまとめてみました

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事一覧

最近の記事

おすすめの記事

おすすめ商品

キャンペーン情報