ブログ

「エシカル消費」の概念が広がると経済には大きなダメージがあると言われます

新型コロナウィルスの影響により最近「エシカル消費」する方が増えてきていると言うニュースが流れました

とても嬉しいことですし良いことだと思っています

株式会社 日向の鳥辺康則です(^◇^)

「エシカル」って聞き慣れない言葉かもしれないのでちょっと説明いたします

「エシカル」とは、「論理的な」と言う意味を持つ形容詞です

ちょっと難しいイメージがあるので簡単に言います

「法律で決まってるわけでないけども、良心的に考えるとこうだよね?と多くの人が考える社会的模範」のこと

環境保全や地域・社会への香料と言ったニュアンスで捉えられることが多い概念であります

そしてエシカル消費とは「人と社会・地球環境・地域のことを考慮して作られた物を購入、消費する」と言われています

それでも僕にはちょっと難しいので、僕的に解釈すると・・・

無駄遣いをやめて、ものを買うときに地球環境、地域や社会、人のことを考えて論理的に消費をしましょう〜みたいな感じです

日本のGDPのうち、個人消費は約6割を占めます

消費者がエシカル消費を実行すると、社会や経済に与える影響はとても大きなものになると思います

一人ひとりの消費者が自分たちの力の大きさを認識し、「お金を払うことを通じて、社会問題の解決に貢献しよう!」と考えて消費すれば、私たちの日常がエシカルそのものになっていると思っているのです

コロナの影響で多くの小売業が閉店してることにより大きな気づきがあった人が多いと言うことです

1ヵ月ものを買わなくても特段困ったことにはならないと言うことです

我々の消費の多くは無駄遣いだったのかもしれません

食料品や日用品以外に、新しい服や化粧品などを買わなくても生死に問題ないと言うことです

しかし、それでは日本経済は復活しないと言う反対論も多いのです

日本は間違いなく過剰消費大国だと思います


経済学者によると、エシカル消費が広まりそれが続くと経済循環が萎縮して現代文明が破壊しかねない!

何のことを言ってるのかな?と最初思いました

「環境に優しい」は良いのですが、「リサイクル」や「ミニマル消費」が広がりすぎると、人が新しいものを買わなくなるので小売業全般が衰退すると言うことらしいのです

新しい商品を次から次えと買ってもらうことにより経済が回っていったと言う20世紀の理論があるのです

確かに電通さんでは・・・「戦略十訓」と言うものがあります

  1. もっと使わせろ
  2. 捨てさせろ
  3. 無駄遣いさせろ
  4. 季節を忘れさせろ
  5. 贈り物をさせろ
  6. 組み合わせて買わせろ
  7. きっかけを投じろ
  8. 流行おくれにさせろ
  9. 気安く買わせろ
  10. 混乱を作り出せ

我々の社会経済はある意味無駄遣いによる過剰消費によって回っているのかもしれません

コロナウィルス世界拡大によりそのことがもう一度考えさせられる事態になっています

この商品は本当に必要なのか?論理的に考えて地球環境のことを考えて消費する人が一気に世界で増えていると言うことです

現代文明は間違いなく過剰消費と膨大な無駄によって循環を保っている現実があるのかもしれません

ある人が言われました「消費の無駄は文明を支える美徳だ!」

本当にそうなんだろうか?

コロナがもたらした影響は人々の意識を間違いなく変えていってると思います

1つのものを購入するときに、本当に地球環境に良いものなのだろうか?

そのものを買うことにより地域や社会にどのような貢献ができるのだろうか?

その1つの商品がどれぐらいの人を幸せにするのだろうか?

そんなことを考えて消費する人が世界で増えていると言うことです

経済最優先の名のもとに、今後はエシカル消費や消費者の意識を再び過剰消費や無駄遣いの方向に向かわせることが懸念されます

もちろん小売店や百貨店の人にしてみれば死活問題なので、一概に絶対だとは言えません

しかし私はエシカル消費に大賛成です

これから我々が住んでいる地球環境の現状はますます悪化すると思っています

その中で本当に大量生産・大量消費の時代は終わったと思っています

無駄なものを削ぎ落とし、エシカル消費に徹底すれば世の中のゴミが8割以上なくなると言われています

今回は世界的に広がっているエシカル消費のニュースを聞いてそんなことを思ったのでブログに書きました(^◇^)

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事一覧

最近の記事

おすすめの記事

おすすめ商品

キャンペーン情報