ブログ

ワイドショーの「感染者数」に踊らされてはダメだと思います

連日ワイドショーで東京都の新型コロナウィルス感染数や全国での状況が報道されています

私の知り合いは毎日メールで「今日の東京何人だって〜」って知らせてきます

株式会社 日向の鳥辺康則です(^◇^)

僕は一切テレビやワイドショーなどを見ないので、毎日東京での感染者数を意識していません

もちろんSNSなどで情報が飛び込んでくることもあります

こういう情報を流すのに一生懸命になっている人もいると言うことも知っています

しかし一生懸命なのはわかるのですが、ささいなことばかりに気をとられているともっと大事な問題の本質を見失う可能性があると思うのです

接客を伴う夜のお仕事の関係者の集団検査やクラスターが発生した場所に関わった方々の検査等が行われれば当然数字は大きくなります

数字も大切なのかもしれませんが、発生源が特定されてるのか? クラスター発生源からの集団検査なのか? 十分な対策がとられていたのか? など大切なことがたくさんあると思うのです

原因の本質を失ってはダメだと思うのです

「おい、見張りよ。敵は何人いる?」

「10万25人です。」

「えらく速く数えたな」

「ええ、25まで数えたのですが後は大体10万位でした。」

と言うジョークがあります

些細な数字は問題の本質とは離れており、そこにこだわっていてもしょうがないことを逆説的に教えてくれています

そもそも数字には「フレーミング(効果)」があると思うんです

例えば、手術の成功率70%と言うと肯定的に捉える人が多いです

しかし手術の失敗率30%と言うとネガティブな側面を出し同じ情報でも否定的に捉える方が出てきます

日本での1日の感染者数が100人だと言うと多いと思う人もいれば、世界の感染状況から見ればよく押さえ込んで少ないと言う方もいると思います

つまり数字そのものには根本的に基準がないんです

その方の何かと比較して多いor少ないと言う感覚で決められてしまうのです

緊急事態宣言日の外出自粛時に比べれば多いかもしれません

しかしアメリカを始めとして他国の幹線爆発状況と比較してみれば少ないのです

何が言いたいか! 数字に踊らされて一喜一憂しないでほしいと言うことです

数字に踊らされていると本質が見えなくなります

そして精神的なストレスが溜まり攻撃的になる人も増えてしまうのです

そもそもワイドショーなどのマスコミが様々なことを煽っていると感じています

毎日東京の感染者数をメール等で教えてくれる事は嬉しいのですが、私はあまり知りたくないのでやめてもらえたらありがたいです

さりげなく最後に言いたいことを言ってしまいました(笑)

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事一覧

最近の記事

おすすめの記事

おすすめ商品

キャンペーン情報