ブログ

健康維持のためにやっているルーティンをこだわりすぎるとマイナスになる

健康維持するために必要なのは食べ物の管理や運動があります

しかしもう一方でストレスがかかりすぎると健康を害することになるので気をつけなければいけません

株式会社 日向の鳥辺康則です(^◇^)

以前から非常に気になるのが健康維持のために優先するのには食事や運動が良いのかストレス軽減が良いのかと言う話題があります

巷には様々な情報が溢れています

健康維持のための食生活や運動、睡眠習慣等についても溢れるような情報があります

そんな中で最近私の周りには「こうしなければいけない!」と言う人が結構増えてきています

正直健康維持のためと言う名のもとでルールを厳しくしすぎるとストレスが溜まったり無理な生活を続けたりしてしまい逆に体調崩してしまうと個人的には思っています

今のライフスタイルと大きくかけ離れた習慣を無理に続ける事は、逆に体を悪くしてしまうケースもあると思うのです

・体に悪い添加物が入ってないものは一切食べない

・太りやすいから糖質は一切取らない

・どれだけ疲れていても毎日ジムに通って必ず運動する

一見して健康や体型維持のためにすごく良いことに見えますが、これが必ずしなければならないと言うルールになると逆にストレスが溜まると思うのです

ご飯やパンが好きな人が糖質を無理矢理制限すると、食べられないストレスからドカ食いに走ってしまうケースが続出してます

添加物を全く取らないように意識すると、食べられるものが制限されるので日々の食事を作るのが負担になりストレスを感じます

車のブレーキもそうですが何事にも遊びが必要だと思っています

一番危険なのが「必ずこうしなければならない」と言うルールかなと思ってます

もっと各論言えばたまにの体の悪い事は健康の秘訣になると思ってます

たまに暴走して暴飲暴食することもストレス解放のためになることがあるのです

ただし数ヶ月に1度ぐらいの頻度で暴走してください

自分で作ったルールやルーティーンをあえて自分で破ってみて下さい

僕も毎日ブログを書くと言うルーティーンを決めましたが、途中でストレスになって1週間かかない日をつくりました

やらなければいけない!て言うキーワードは結構ストレスなんです

完璧主義者やがんばりすぎてしまう人ほど健康を害しまう傾向にあると思うのです

何事も遊びの振り幅が必要だと思っています

我慢しすぎて反動が大きくなってしまうのであれば本末転倒ですから、たまのガス抜きで調整することが本当に大切だと思います

そんなことを自分自身が感じたのでブログに書きました(^◇^)

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事一覧

最近の記事

おすすめの記事

おすすめ商品

キャンペーン情報