ブログ

日本人の男性は世界一孤独と言うことがわかったらしいです

日本は「孤独」を美化するところがあるように思います

「沈黙は金」「武士は食わねど高楊枝」「男は黙ってサッポロビール」など、美化する文化が脈々と受け継がれているように感じます

株式会社 日向の鳥辺康則です(^◇^)

そして「孤独」な人が年々増え続けていると言う事実があります

日本における孤独は「おひとりさま」「ひとりぼっち」として受け入れられるものであり、否定されるものではないんです

そんな中である調査が行われました

それは国際機関OECD加盟の21カ国における男性の孤独の調査結果です

「人付き合いがない」比率を調べたのです

その結果ダントツで世界一だったのが日本人です

平均の約3倍以上の大差をつけてダントツの1位です

喜んでいいのか悪いのかわからない結果ですよね

日本でも同じような調査が行われました

内閣府が、60歳以上の高齢者男女の親しい友人の保有率を他の国と比べて調査したのです

その結果ダントツで日本が親しい友人の保有率が低かったのです親しい友人の保有率が低かったのです

「友達がいない」ことや「人付き合いがない」に対して、だからなんだって言うんだと言う人もいると思います

孤独を受け入れて楽しんでいる人もたくさんいると思うんです

だから悪いとは思わないのですが、世界では様々な研究がされていて「孤独」は心身ともに様々な悪影響があると言われています

・自律神経の交感神経と副交感神経のバランスを崩す

・ストレスホルモンなどが上昇する

・免疫作用を低下させてしまう

・イライラ、不眠、便秘、冷え、血圧の上昇などの症状の悪化を招く

・早期死亡50%増加させる

・アルコール依存症と同等の悪影響がある

・毎日15分の喫煙と同等の悪影響がある

・運動不足よりも大きい身体的なダメージがある

・肥満の2倍のリスクがある

・アルコール依存症、薬物依存症やうつ病などの病気リスクを高める

・高血圧、糖尿病、心臓病や肺の病気などの生活習慣病を引き起こしやすくなる

他にもいっぱいあるのですが、あんまり体には良さそうではありません

特に50歳を超えた後半戦に老いよって孤独が加速すると言われています

歳を重ねることに孤独に強くなり、孤独の素晴らしさを知り、孤独を恐れず、孤独を楽しむのはとても良いことだと言う人もいます

孤独を受け入れて、孤独を楽しむことも悪くないと思います

だから絶対に世界の研究で出たように病気になるとは僕は言い切れないと思っているのです

日本人特有の精神性や性格と言うのもあると思うんです

孤独は一般的に多くのストレスを抱えると言われています

そのストレスの観点から体に悪いと言われているのです

もしストレスなく孤独を楽しみ、孤独を受け入れられるのであれば僕は良いと思うのです

でも僕自身は寂しがり屋なので孤独は絶対に嫌です

どんな歳をとっても家族だけではなくいろんな友達達と旅行に行ったり美味しいものを食べに行きたいと思っています

そんなことを今回の調査結果から思ったのでブログに書きました(^◇^)

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事一覧

最近の記事

おすすめの記事

おすすめ商品

キャンペーン情報