ブログ

たまには自分優先で生きていいと思います

日本人はとても調和を大切にする国民だと思うのです

でも見方を変えると周りの目が気になったり、自分らしさが表現できなかったり、発揮できなかったりしてる人も多く見かけます

株式会社 日向の鳥辺康則です(^◇^)

例えば11月にアメリカの大統領選が行われますが、トランプ大統領の「アメリカ・ファースト」と言う言葉を聞いて日本人はどう思うのでしょうか?

アメリカ第一主義と言うことです

それを聞く日本人はあまり共感できない人が多いかもしれません

自己中心的だ!

身勝手すぎると思う!

周りのことを何も考えていない!

自分さえよければ良いのか?

多くの日本人はそんな風な印象を持つのではないでしょうか?

実際トランプ大統領の発言や態度をスムーズに受けられる日本人は少ないと思います

時代は競争から調和や共生の時代になってきてると思います

しかしその一方で日本人は、自己犠牲と言う中で周りに同調してしまい本当の自分らしさが出せてないのではないか?と思うこともあります

私の周りにも「幸せを受け取れない」方々がたくさんいます

幸せを受け入れない方々です

他人のことを優先して考えてしまったり、どこか幸せになることに罪悪感があったりする人が多いと思うのです

そんな人に言いたいことがあります

たまには思いっきり自分主義で行動して良いのではないでしょうか?

自分本位に、自分勝手に生きていいと思うのです

周りに同調して自分の人生を犠牲にして欲しくないのです

人生は良い時も悪い時も必ずあるものです

何か失敗をしたり悪いことが起きたとき自分を責めてはいけません

そんな時もあるよ〜って自分を褒めてあげて下さい

自分の幸せは自分の考え方次第でいかようにも変えることができます

幸せを実感しやすい人と言うのは、今自分の周りにある出来事・状況に対して、感謝ができている人だと思うのです

これは科学的にも証明されていますが、感謝を示すことができるほど、幸福度の指数が高まることがわかっています

でもそのためにはまず100%自分を肯定して受け入れるしかないのです

周りと比較したり、周りの目を気にせずにもっと自分優先の生き方をしていいのです

どうしても日本人は調和を重んじるので、それは身勝手だと感じてしまうかもしれません

いえいえ、あなたの人生なのですからあなたは好き勝手に行っていいのです

自分ファースト!自分主義!自分優先!自分が大好き!たまにそんな考えを持ってほしいのです

幸せ恐怖症から脱却してほしいのです

幸せ恐怖症の人は無意識に「幸せになれる自信がない」「自分で幸せを手に入れたと思えない」「幸せはいつか失うもの」と考えてしまうみたいなのです

根本的には「不安への恐怖心がある」ことが共通していると言われています

その期間が長くなると不幸であることに快感を覚えてしまうこともあるのです

幸せの麻痺です

でもすべての人間は幸せになるために生まれてきてると思っています

喜びを与えて、喜びをもらって感謝するために生まれてきてると思っています

そのためには周と同調せずにもっともっと自分主義で物事を行っていきましょう

そんなことを思ってブログを書きました(^◇^)

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事一覧

最近の記事

おすすめの記事

おすすめ商品

キャンペーン情報