ブログ

自動販売機に5G基地局が設置されるみたいです

先日NTTドコモがダイドーの自動販売機の上部に5Gアンテナを設置することを発表しました

日本は自動販売機大国です

株式会社 日向の鳥辺康則です(^◇^)

全国各地にある自動販売機に5G基地局が設置されたら確かにあっという間に広がるかもしれません

しかし本当にそれで良いのでしょうか?

5Gは波長が8ミリで、4Gに比べて6分の1となり通信速度が著しく速くなると言われています

それによって便利快適な報道だけがメディアでされてますがリスクもあるのです

実際にすでにミツバチのような昆虫に対する影響が報告されています

人体の影響については、ワシントン州立大学のマーティン・ポール博士はが次のようなことを言っています

5Gの電磁波は人間の生殖能力、脳、心臓機能に影響をもたらし、最終的には遺伝子(DNA)にも作用を与える

牛の実験では、基地局の近くで生まれた子牛に高確率で重度の白内障が見つかっていることが報告されています

世界保健機関(WHO)は携帯電話用の電磁波は癌を誘発すると指摘していることも有名です

しかし私が最も恐れているのは将来への影響です

電磁波は細胞レベルでの異変も誘発するので、遺伝子や細胞質を介して、次世代に伝わる可能性があるのです

影響は世代を超えて蓄積していくと言うことです

通信機器の進化は便利になる事はとても良いことだと思うのですが、将来の生命や地球環境のことを考えるとそのまま喜ぶ事はできないと思うのです

スイスでは5G用アンテナから出る電磁波による健康への影響に対する懸念が浮上し、全国的に反対運動が広がっています

スイスの医師会も注意を呼びかけており「電磁波の制限値を上げても健康に影響はないと言う科学的根拠がない限り引き上げは避けるべき」と言っています

全米のサクラメント市でも5Gの試験運用の実験が行われました

そしたら、基地局近くの消防士たちが頭痛や不眠だけではなく記憶障害と意識障害を訴えるようになったのです

利用される周波数帯域の危険性を指摘する専門家を含めて、各地で5G普及に対して反対運動が繰り広げられているのも事実です

日本ではこのようなリスクのことがメディアでは一切報道されません

完全に企業の利益や利便性だけで導入を決めてしまっているのです

本当にそれで良いのでしょうか?

そんなことを自動販売機の5G基地局設置のニュースを聞いて感じたのでブログに書きました

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事一覧

最近の記事

おすすめの記事

おすすめ商品

キャンペーン情報