ブログ

地球上で氷の融解が止まらずに加速し続けているらしいのです

過去20年で世界から28兆トンの氷が失われたことが明らかになったそうです

毎年1兆トン以上の氷が消失していることになります

株式会社 日向の鳥辺康則です(^◇^)

そして過去23年間で氷が溶ける速度は65%早まっていることもわかったそうです

特に南極とグリーンランドでは急激に氷の融解が加速しているのです

氷は太陽の光を反射して、海を冷たいままに保つ効果があるのです

氷が溶けると言う事はその機能が失われるので温暖化を加速させてしまいます

さらに永久凍土の中には、温室効果ガスであるメタンや二酸化炭素を始め様々な有機物が大量に含まれています

永久凍土が溶けることにより温室効果ガスが大気中にさらに放出され温暖化を加速させることが懸念されているのです

20世紀の間、地球上での海面は19センチ上昇しました

現在の状態が続くと2100年までに最大82センチ上昇すると予測されています

しかし多くの人はただ氷が溶けて海面が上昇するだけだと思っています

だからなんだ?と他人事のように思ってしまうのです

しかし氷が解けることによって一番怖い事は別のところにあるのです

それは永久凍土の中に閉じ込められていた未知なるウィルスやバクテリアが地上に出てくることです

SWI(スイス公共放送協会国際部)は、永久凍土が融けると、有害な細菌やウイルスが大気中に放出されて人体に影響を及ぼす可能性があると危機的な発表しています

スイスアルプスの永久凍土では約1000種類の微生物が確認されているがその多くの実態は未だ不明だと伝えています

シベリアのヤマル半島で2016年、永久凍土が融解して現れた、75年前に死亡した鹿の死体で生き続けていた
炭疽菌による感染症で男児が死亡したことがありました

これは永久凍土が溶け、閉じ込められていた病原菌の胞子が大気中に放出されたことによると報告されています

1万5000年前からあるとされる中国チベット高原北西部の氷河から採取された氷床コア(研究目的で氷河などの深層から取り出した氷のサンプル)から33種類のウイルスが確認され、そのうち22種類は未知のウイルスだったと報告する論文が発表されました

新型コロナウィルス1つだけで世界がパンデミックになり経済がストップしてしまうのに、さらなる未知なるウィルスが世界中に放出されるのです

コロナを封じ込めても、原因を変えない限りはさらなる新しいウィルスが人類を襲う可能性もあるのです

原因は地球上で人間が利己的な欲と無関心から生み出された地球環境破壊だと思っています

地球環境破壊といっても問題は様々あります

地球温暖化問題・大気汚染の問題・海洋汚染の問題・海中のマイクロプラスチックの問題・オゾン層破壊の問題・土壌汚染の問題・森林伐採の問題・・・

すべて地球上の生物の中で人間が起こした結果です

そのことを認めざるを得ないのです

そして自分たちが汚した地球を元に戻さなければならない時期が来ています

溶けた氷は元には戻せません

海の中のマイクロプラスチックも取り除けません

しかしできることがあるのです

その思いで25年間以上活動させていただいています

そして石鹸1つからでも環境浄化ができる商品を多くの人に広めるため日々お伝えさせてもらっています

興味がある方がいたらいつでも気軽にお問い合わせください(^◇^)

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事一覧

最近の記事

おすすめの記事

おすすめ商品

キャンペーン情報