ブログ

身の回りにはたくさんの「消毒剤」が実際にはあるんです

人間の体は「微生物」でできていると云っても過言ではないと思っています

われわれ人間はウィルスや細菌と本来は共存関係であるはずだと思っています

株式会社 日向の鳥辺康則です(^◇^)

しかし最近では除菌や殺菌剤などがたくさん販売されており皮膚の常在菌なども殺されていっている現状があります

実際には、他にも様々な日用品の中に消毒剤は含まれているのです

例えば、歯磨き粉や目薬、うがい薬、点鼻薬、トローチ剤、のどあめには保存剤などの名目で「塩化セチルピリジニウム」「塩化ベルザルコニウム」などが使われています

これらは化学的には、「第四級アンモニウム塩」と呼ばれ、消毒剤と同じ仲間なんです

開封後長期間放置しても腐らなくさせるための保存剤なんです

保存剤や消毒液は、病原菌の細胞膜を溶かしたり、表面を不活性化することで殺菌し、ものを長持ちさせるのです

そして最近の研究でこれらの化学薬品がミトコンドリアに悪影響及ぼすことがわかったのです

2017年4月に発表された医学論文によると、塩化ベンザルコニウムは、細胞のミトコンドリアを阻害することがはっきりとわかったのです

ミトコンドリアとは細胞内にあってエネルギーを作り出しているとても重要な器官です

また2017年8月の論文では、塩化セチルピリジニウムにおいて、人が暴露する可能性のある濃度でもミトコンドリア阻害が発生することが報告されてます

米国食品医薬品局(FDA)は、塩化セチルピリジニウムについて、特定の製品での使用を禁止しました

塩化ベンザルコニウムについては、ヘルスケア、食品、製薬及びクリーニング業界等での使用安全性のデータを要求している段階なのです

つまりミトコンドリアを阻害して非常に危険な化学物質ということがわかってきたので規制が強まっていると言うことです

もちろん日本では全くの野放し状態です

ミトコンドリア研究の第一人者である順天堂大学の太田教授は次のようなことを言います

極端に言えば病気とは「ミトコンドリアが足りなくなった状態」のことをいいます。エネルギーが十分にあれば、すなわちミトコンドリアが十分にあれば、病気になっても必ず健康になることができるのです。

それぐらい私たちの細胞の中に存在しているミトコンドリアは健康と直結する大切な働きをしていると言うことです

弊社ではミトコンドリアを活性し元気にする商品をたくさん扱っています

ミトコンドリアの活性化による細胞エネルギー産生食品「ウルムX(3.6g×60包)」12月3日(火)新発売!

しかし、たくさんの消毒剤が入った商品を使っているとせっかく活性したミトコンドリアを阻害してしまうのです

何気なく使っている歯磨き粉や目薬などにそのような化学物質が含まれているのです

購入するときにはぜひチェックしてみて下さい

そして安全な歯磨き粉等が必要な場合には弊社で取り扱っているトリニティー配合の歯磨き粉をお勧めします

トリニティーホワイト(100g)新発売のお知らせ

特に小さい子供たちを抱える親としては非常に気になるところだと思います

興味ある方がいたらお問い合わせください(^◇^)

  • Comment ( 0 )

  • Trackbacks are closed.

  1. No comments yet.

You must be logged in to post a comment.

Related posts

最近の記事

おすすめの記事

おすすめ商品

キャンペーン情報