ブログ

左脳の時代から右脳の時代がやってきたみたいです

大脳が右脳の左脳の2つに分かれている事は誰もが知っている事実であります

そしてそれぞれの役割分担があり違う機能を果たしている事はよく知られています

株式会社 日向の鳥辺康則です(^◇^)

右脳は、主に五感で感じたことを、直感的かつ総合的に認識すると言われています

記憶する領域が左脳に比べて大きく、長時間の記憶も得意です

見たままのイメージで記憶するので、「イメージ脳」や「感覚脳」とも呼ばれます

左脳は、文字や言葉を処理することから「言語脳」と呼ばれます

直感的な右脳と違って、論理的思考や分析・推論によって物事を捉えます

ただし、脳は左右に完全に分断されているわけではありません

右脳と左脳は脳梁(のうりょう)でつながっており、左右の脳は、通常、協調しながら機能しています

実は今から3000年以上前の人間は左右の脳が均等に働いていたと言われているのです

そして現在は右脳の機能がどんどん低下し、右脳からの情報が聞こえなくなると言う状態が続いているのです

右脳は見えない・聞こえない情報をキャッチするとても大切な器官です

見えない情報とは昔から様々な名称で語り継がれて来ています

第六感、テレパシー、シンクロニシティー、共鳴、神の声、自然界の声、宇宙の波動・・・

これらの未知の情報を3000年以上前の人間は右脳で取り入れて行動していたと言われているのです

つまり左脳右脳が同等に作用していた時代は、見えない情報と一体となって生きてきていたのです

まさか〜と思う人もいるかもしれませんが、自然界にはそれに似た働きをする昆虫や動物もたくさんいます

集団で大きな巣を作るハチもそのような見えない情報によって一体化になって動いています

そんな自然の摂理に逆らい現代人は完全に右脳の機能を失って、左脳化した人が多いと言われています

しかしここにきて左脳の時代が終わり右脳の時代が来ると言われているのです

未知なる波動をとらえて一体化となり生きていく時代が来たと言うことです

まずはこの「未知なる波動」が存在することをしっかりと認めることが大切だと言われています

左脳だけで行動する時代が終わり、未知なる波動とともに新しい時代がスタートしたと言うことらしいのです

なんかワクワクしてきますよね(^◇^)

  • Comment ( 0 )

  • Trackbacks are closed.

  1. No comments yet.

You must be logged in to post a comment.

Related posts

最近の記事

おすすめの記事

おすすめ商品

キャンペーン情報