ブログ

「笑う」回数は年齢とともに減っていくらしいのです

「笑い」がもたらす健康効果について医学的に実証されつつあり、最近では病気の予防や治療においても大変注目を浴びていると言われています

笑は間違いなく健康に良いと言うことです

株式会社 日向の鳥辺康則です(^◇^)

しかし実際には「最近大笑いしたのはいつなんだろう?」って考えたらあんまり笑ってないことに気づきます

笑いは年齢と共に減って行くと言われています

ある研究結果によると、小学生くらいは1日平均300回笑いますが、20歳では1日平均20回と激減し、70代では1日平均たったの2回になってしまいます

女性では毎日声を出して笑う割合が、20代で64%、40代で52%、50代で32%と、加齢によって減少するというデータが出ています

一方、男性は20代で50%、40代で36%、50代で33%という結果になりました

また、40代男性は週に1度も声に出して笑わない人が2割以上もいるそうです

働き盛りの男性はストレスが多いので、笑いが減ってくると考えられます

確かに私自身最近笑ってないことに気づきます

しかし仕事のストレスが減る高齢になっても、笑は減少していくことからストレスだけが原因ではないと言われています

笑いがもたらす健康は様々わかっています

例えば、笑うことでNK細胞(ナチュラルキラー細胞)が増加、活性化し、がん細胞を攻撃するといわれています

若くて健康な人の体にも1日に3000~5000個ものがん細胞が発生しています

これらのがん細胞や体内に侵入するウイルスなどの体に悪影響を及ぼす物質を退治してくれるのがNK細胞です

この効果は作り笑いでも得られると言われています

顔の筋肉が笑顔に動くことで神経伝達物質が脳に伝わるため、本当におかしくて笑っているときと同様に脳が反応してくれるということです

・今すぐ読みたい→詳しくは⬇︎
最近笑ってますか?「笑い」の健康効果とは https://cocokara-next.com/fitness/health-benefits-of-laughter/

作り笑顔による活性は、顔の筋肉の動きによる脳への刺激と、笑顔という明るい表情が感情に働きかけ、笑う環境を作り出す作用もあるためと考えられています

逆に悲しみやストレスなどマイナスな情報を受け取ると、NK細胞の働きは鈍くなり免疫力もパワーダウンしてしまいます

逆に免疫が暴走してる自己免疫疾患と呼ばれる病気の人には、笑いは免疫システム全体のバランスを整える効果があることもわかっています

つまりたくさん笑えば、がんやウィルスに対して抵抗力が高まり、同時に免疫異常の改善にもつながると言うことなのです

さらに脳内血流量が増加することから、脳の活性化と老化防止にも役立てることができたり、顔面の筋肉を使うことで、顔のたるみやしわの予防にもなります。

そして最近の研究では認知症を予防することも期待されてるらしいです

65歳以上の方を対象に、笑いの頻度と認知機能の関係を調査したところ、ほぼ毎日笑う人に比べて、笑わない人は認知機能が低下している場合が多かったのです

また、落語で1時間大笑いすると、1週間分の鎮痛剤に匹敵するほど、痛みが緩和するというデータもあります

認知機能だけでなく、リウマチや肩コリなどにも、笑いはいい作用をもたらします

笑の効果ってほんとにすごいなぁ〜とつくづく感じます

最近私自身も大声で笑ったことがあまりないので、ブログを書きながら思いっきり笑うことを心がけたいと思いました(^◇^)

  • Comment ( 0 )

  • Trackbacks are closed.

  1. No comments yet.

You must be logged in to post a comment.

Related posts

最近の記事

おすすめの記事

おすすめ商品

キャンペーン情報