ブログ

「気候災害で危険な国」世界第一位はフィリピンですが・・・第二位はどこでしょう?

気候変動を含む地球環境汚染の問題は、これまで人類が直面した問題の中で、最も深刻な問題だと言われています

このまま何も対策しなければ2030年以降は手遅れになり人類は自らが第6回目の大量絶滅の時代を迎えると言われています

株式会社 日向の鳥辺康則です(^◇^)

環境問題の話をすると、大げさだ!と言われる方も多いのですが、実際は我々が考えている以上に深刻だと言うことを多くの世界中の科学者が警告しています

世界での調査では半数以上の人が「世界で最も大きな問題は環境問題である」と答えています

しかし日本ではほんの数%の人しかyesと答えないのです

気候変動や環境汚染が続くと私たちにどんなことが起きるのでしょうか?

世界的干ばつにより食糧難や水不足が懸念されます

生態系の変化より作物が減少し海洋生物も少なくなっていってます

森林の消滅により酸素供給源が地球から失われていってます

爆弾低気圧やスーパー台風など多くの異常気象が多発します

永久凍土の融解により未知なるウィルスや菌体が地球上で猛威をふるいます

他にも書いたらキリがない位たくさん私たちに影響があるのです

イギリスのエコノミスト誌世界144カ国を対象に行っている「Global Peace Index」(世界平和の指数)によると、気候の災害によるリスクの高い国ランキングで世界第一位はフィリピンでした

しかし世界第二位はなんと日本だったのです

複数の自然災害では日本は世界第二位です

単一の自然災害では日本は世界第三位です

言い方を変えると気候災害により最も危険な国!第ニ位が日本と言うことです

台風や豪雨、洪水がどんどん強大かつ頻繁になることがひとつの大きな要因と言われています

さらに日本列島はすべて地震の大きなプレートの上に成り立ってる島です

世界中で起きる地震の10%以上はこの小さな国日本で起きています

ここ最近の富士山の様子も注視しなければなりません

そしてその順位に異変が起きているのです

ドイツのジャーマンウォッチ(Germanwatch)と言うシンクタンクが発表した「世界気候リスク指数2020」と言う報告書があります

これによると、2018年に気候変動による影響を最も受けた国の世界第一位は日本だと言うことです

第二位はフィリピン、第三位はドイツ、第四位はマダガスカル、第五位はインド、第六位はスリランカと順位は続きます

日本の順位を押し上げたのは、2018年7月に広島県や岡山県など西日本を中心に甚大な被害をもたらした豪雨と土砂災害です

その後の酷暑による相次ぐ熱中症、そして9月に近畿地方などを襲った台風21号と説明されています

このような気候変動関連の死者数は計1,282人にのぼり世界第2位、損失額は358億米ドルで世界第3位の多さでした

とうとう世界第一になってしまったのです

日本は経済的には豊かな国で、比較的平和な国でもあると言われています

その影響からか、地球の裏側で起こっている貧困問題や戦争問題には無関心な人が多いです

その日本人の無関心な考えが地球環境問題についても同じにしているとしたら・・・

とても危険なことだと思っています

既に私たちが住んでいる地球では第6回目の大量絶滅に向かって様々な現象が起きています

つまりもう無関心ではいられなくなっていると言うことです

この壮大な気候変動や地球環境汚染の問題に我々庶民が何ができるのでしょうか?

地球環境水質汚染の7割の原因は家庭から出る排水です

このことに注目して家庭から出る排水を環境をきれいにするものを流す努力ができます

石鹸一個から環境浄化のお手伝いができるのです

環境や水質汚染する化学物質を外のない状態にして流すこともできるのです

難しいことではありません

家庭の生活がより豊かになり幸せになり、薬害から解放され化学物質との共存共生が可能な時代になっています

ぜひ地球環境浄化の仲間になってほしいと思っています(^◇^)

  • Comment ( 0 )

  • Trackbacks are closed.

  1. No comments yet.

You must be logged in to post a comment.

Related posts

最近の記事

おすすめの記事

おすすめ商品

キャンペーン情報