ブログ

5G(次世代高速通信システム)は安全なのか?

先日「女性自身」を読んでいたら気になる記事が掲載されていました

それは5G(第5世代移動通信システム)の実験中に297羽のムクドリが死んだと言う記事です

株式会社 日向の鳥辺康則です(^◇^)

大容量のデータをより早く送受信できる第5世代の移動通信システムですが既に米国と韓国ではサービスが開始されています

日本でも来年春から本格的な商用サービスが始まる予定です

日本国内のマスコミはメリットばかりを報道していますが実際は大きな問題も懸念されてるのが事実です

それが「電磁波」の問題です

5Gの電波は短い距離しか届かないのでたくさんの小型基地アンテナを設置しなければいけません

それによって生活空間のいたるところにアンテナが隙間なく設置することになり常に強力な電磁波に照射されると言うことです

人体に与える電磁波の影響は今の10倍以上と言われています

このことに対して唯一「東京新聞」がタブーを破り危険性に対して記事を掲載しました

真実を伝えた東京新聞の勇気は称えるべきだと思います

実際どんなようなことが懸念されているのか?

電磁波によって間違いなく健康被害が拡大します


実際に世界のニュースを見てみると・・・

・オランダで5Gのアンテナ塔から実験電波を飛ばしたところ、隣接する公園の木に止まっていたムクドリが次々と死にました

・米国サクラメントの消防署では近くに5Gの基地局が設置されて以来、複数の消防士が頭痛や不眠に悩まされるようになりました

・ベルギーでは健康被害の懸念から5Gの導入を中止しました

電磁波が体に及ぼす影響は大きく分けて2つあります

一つは電磁波の電波により頭痛や不眠、めまい、ひどい場合は意識障害といったことが引き起こされます

実際世界では電磁波過敏症と言われる方が急激に増え続けているのが事実です

アメリカでは電磁波過敏症の人々が生活する小さな村も存在します

そこでは携帯電話もネットも使えません

テレビやラジオも使用が禁止されていて完全に電磁波を遮断された村なのです

またフランスでは電磁波アレルギーで仕事に支障が出たと言うことで裁判所に訴え障害手当てを勝ち取った女性の実例もあります

そしてもう一つは、まさに電子レンジの中に体を入れたように、体の各部に炎症を起こす可能性が指摘されています

特に目が電磁波に弱く網膜剥離や黄班変性症を引き起こすとされています

発がん性も懸念され、特に肺がんや乳がんとの関係が疑われています

実際世界ではこれらの電磁波を記念して「ブレイン・コート」と言う電磁波を遮断する帽子まで売られています

価格は5800円です

でもちょっとデザイン的にもかっこ悪いですよね

特に小さな子供を持ちの親御さんたちには電磁波に気をつけてほしいと思っています

今の時代の赤ちゃんや子供たちはスマホやiPadなどをおもちゃとしながら育っていく時代です

そこから発せられる電磁波により脳に悪影響いますことも知られています

では?どうしたら良いのか

答えは電磁波をカットする加工をしてほしいのです

私たちどもはスマートフォンやiPad等の表明を強化ガラスコーティングすることを勧めています

フィルムを貼るのではなく直接特殊な液体を使ってコーティングするので見栄えは良いです

強度もダイヤモンドコーティング並みの強度になるので落としても画面が割れることもありません

そして重要なのが電磁波を80%以上カットしてくれますしブルーライトも50%カットしてくれます

この加工するキットを多くの人に広めるためにお勧めしています

美容室、エステサロン、ネイルサロン、整体、マッサージなどの店舗でわずか5分から10分あれば加工ができます

店舗を持ちの皆さんはぜひとも電磁波から子供たちを守るために広める活動に協力してください(^◇^)

興味のある方はお問い合わせください

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事一覧

最近の記事

おすすめの記事

おすすめ商品

キャンペーン情報