ブログ

6月は「環境月間」って知ってましたか?

美と健康を通して地球環境浄化(^◇^)地球の応援団 団長こと鳥辺康則です。

皆さん「COOL CHOICE」を知っていますか?

「COOL CHOICE」とは、 2015年に環境省が音頭を取って スタートした国民運動のことで、ホームページには「日本が世界に誇る省エネ・低炭素型の「製品」「サービス」「行動」など温暖化対策に資するあらゆる「賢い選択」を即す新しい国民運動」とあります。

つまりは「COOL CHOICE」は「地球に優しい商品」と言うマークなのです。

このマークに徹底的に力を入れているのがコンビニ最大手のセブンイレブンさんなのです。

今近くのセブンイレブンに行ってサラダを手に取ってみてください容器が小さくなっており容器の横に「COOL CHOICE」と記されています。

セブンアンドアイ、ホールディングさんによると「オリジナルサラダの容器は、すべてリサイクルPETやバイオマスPETなどを配合した環境配慮型PET容器になっており、年間1,790トンのCO2削減につながっている」と発表しています。

さらにBB (プライベートブランド)のセブンプレミアムについては、すでに120以上が環境配慮型になっております。2019年度には全商品を環境配慮型にするのを目指していると発表しております。

定番商品である「おにぎり」や「パン・サンドイッチ」も、前回のブログで取り上げた通り、包装フィルムの一部を「ボタニカルフイルム」に、印字のインクを「ライスインク」に変えたり、所々環境に配慮した商品ラインナップがされている。

特に力を入れているのがセブンプレミアムの「こだわり新鮮卵」である。

一見普通のラベルに見えますが、「エコナノラベル」と言う特殊なもので、焼却時に発生するCO2を約20%減少すると言うものなのです。

また人気のセブンカフェ売り場では、
ホットコーヒーの容器は間伐材使用。
アイスコーヒーの容器はリサイクルペット配合のものを使用。
コーフィーフィルターは1木材バイオマス原料使用。
コーヒーフレッシュの容器はリサイクル原料使用。
ストロー原料にバイオマスペット配合を使用。
スティックシュガーの包装には間伐材を配合などなど、

セブンカフェに関わる容器類や消耗品など全てが環境配慮型になっています。

6月からは、一杯ずつ豆をひいてドリップするコーヒーのカスをリサイクルし、店内清掃用の「消臭除菌材」として導入することが決まっています。

なぜセブンイレブンは見えないところで数々の環境配慮型のモデルチェンジをして言ってるんででしょうか?

それはメガトレンドにも通じる、どの業種、どの業界でも環境配慮した企業しか成長しないとされているからです。

このように見えないところで努力を進める企業あなたは応援したいですか?したくないですか?

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事一覧

最近の記事

おすすめの記事

おすすめ商品

キャンペーン情報