ブログ

6月は環境月間!

美と健康を通して地球環境浄化(^◇^)地球の応援団 団長こと鳥辺康則です。

以前ブログにも書きましたが意外と知られていませんが、6月5日は「環境の日」、6月は「環境月間」なのです。

これは、昭和47年6月5日から開催された「国連人間環境会議」(ストックホルム)を記念して定められました。

国連は、日本とセネガルの共同提案を受けて6月5日を「世界環境デー」と定めております。

日本は平成3年度から6月の1ヵ月間を「環境月間」とし、期間中は、関係府省庁や地方公共団体など、全国で様々な行事が行われております。

平成5年「環境基本法」で6月5日を「環境の日」と定めています。(環境基本法第10条)

あまり知られていませんが、国各地で様々な行事が開催されております。

次に皆さんは、「環境社会新聞」と言う新聞をご存知ですか?

京都にあるこの新聞社は、一切広告を受けずに真実の今の地球環境の現状、日本の真の役割、国際、気候、農業、伝統文化、地域、倫理教育、弱者、産業などの真実のみが書いてある新聞であります。

昨日この「環境社会新聞社」の堤社長と少しお話しすることがあり本当に感銘を受けました。

この名もあまり知られていない新聞ですか、年に1度の新年号では各都道府県の県知事からコメントをいただきそれを全て掲載されるなど非常に努力をされている会社であります。

ただ残念ながら、香川県と宮崎県の理事さんからは未だにコメントはいただけてないようです。

決して右翼的な過激なことを書く新聞ではございません。本当に広告収入等に頼らず真実のみを伝えたいと言う使命感の中で堤社長が命をかけて作られている新聞であります。

この環境社会新聞の5月号から山梨県の「(株)環境保全研究所」さんが掲載されております。

堤社長と西銘正義社長と出会いを話すと長くなりますが、見えない導きによって会うべきして会われている方々です。

ぜひ定期購読できますので興味ある方は購読してみてください。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事一覧

最近の記事

おすすめの記事

おすすめ商品

キャンペーン情報