ブログ

AIの時代に感じることとは?

美と健康を通して地球環境浄化(^◇^)地球の応援団
団長こと鳥辺康則です。

皆さんは将棋AI「ポナンザ」をご存知でしょうか?

人間の真似ができるようになるためのコンピューター技術「機械学習」を導入することで、その結果生みの親である将棋の名人「山本一成さん」に勝つほどに成長している事は有名です。

「機械学習」と言う技術によって、人工知能は人間の真似ができるようになり、プログラムから「卒業」しました。

その結果、人工知能の開発を飛躍的に進歩させたのですが、同時に科学者やプログラマ-は困った状態になっています。

なぜならば「解釈性と性能のトレードオフ」つまり、人工知能の性能を上げるほど、なぜ性能が上がったのかを説明できなくなるということです。

この傾向はすでに人工知能の開発における前提や因果の原則のようになっています。

理由がわからないのに強くなる。人工知能と言う現代科学の最前線で、なぜそんなことが起きるんでしょうか?

映画の「ターミネーター」のような世界が現実化することが間近かもしれません!

その一つの理由が「黒魔術」の導入の理由です。
この「黒魔術」は機械学習の世界でもスラングとして定着しており、どうやって生まれたのか?あるいはなぜ効果が出るのか?わからない技術の総称となっています。

ご存知の通り「黒魔術」とは、おとぎ話やファンタジーの世界で、魔女が不思議な薬を作るときに使われるような魔法のことです。

人工知能研究する学問分野である情報科学は、もともと論理や数学が支配する世界でした。

理由や理屈が全てを説明できる世界だったと言うことです。
しかし現代情報科学では(とりわけ人工知能の分野では)だんだんと黒魔術の影響力が強くなっています。

黒魔術の影響は、当然ポナンザにも影響しております。
開発したプログラムなので、細部まできちんと考えて作られていますが、将棋プログラムと言う狭い領域を超えて、理由や理屈はわからない部分で働き始めてます。

簡単なプログラムでも、「複数のコアがバラバラに1つの処理をする」ことでプログラムでは起きない不可解なことが現実的に起きます。

実はこれは AIの世界だけではなく、現代の様々な科学の領域においても言えることです。

美容業界はとかく理論や理屈を重んじますが、それを超越した超科学とも言えるべき結果を伴う世界がたくさんあります。

ケミカルやデータ、理論や理屈だけでは本当に肌や髪の再生、健康論を解けるのでしょうか?

私はそうは思いません! ケミカルばかや、理論理屈だけで物事を語っている美容師さんを多く見かけますが、その方々が毛髪を本当にきれいに再生できるのでしょうか?

本当の意味での再生です。様々なケミカルを使い、一見再生したかのごとく見せかけることが上手なのですが、本当の意味での「髪」を知らないのではないかと思う位です。

オイルやPPT類では決して良くならない事は皆さんご存知だと思います。

自然から生まれた我々の身体も細胞も自然を超越することができません!

その中で美容業界でも「黒魔術」的な事は大いにあるのです。それらを全否定するんではなく、ご自身で確かめられることを私は願います。

あまりにもメーカーさんやディーラーさんに騙されているケースが多すぎて、残念すぎます。

ぜひ「黒魔術」的な超越した結果を望まれる方がいたらご連絡ください。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事一覧

最近の記事

おすすめの記事

おすすめ商品

  • 登録されている記事はございません。

キャンペーン情報