ブログ

WHOが発表!ハム・ソーセージに最凶発ガン性あり

昨日は久しぶりに家で食事をしましたw

久しぶりに出張から帰ってきたので外食に連れて行ってくれと家内に頼まれましたが、個人的には家でゆっくりするのが好きです

株式会社 日向の鳥辺康則です(^◇^)

しかし冷蔵庫開けると食材がほとんどなく、結果的に玉子焼きやソーセージ、ベーコンを焼くことになりましたw

そんな時にびっくりするニュースが流れてきました

それはWHO(世界保健機構)は「ハム・ソーセージなど加工肉に最強レベルの発がん性があり」と断定し発表したのです

え〜今食べているのに(笑)

詳しくはコチラ⬇︎

http://min-voice.com/processed-meat-11856.html

タバコよりもリスクがある加工肉


もちろん伝統的な製法で作られているソーセージやハムは違います

つまり高級な商品です(^◇^)

スーパーで普通に売られている「プリマハム」を見てみると、

・還元水あめ

・大豆たん白

・卵たん白

・たんぱく加水分解物(大豆・豚肉を含む)

・カゼインNa(乳由来)

・増粘多糖類

・リン酸塩(Na)

・調味料(アミノ酸等)

・くん液

・発色剤(亜硝酸Na)

・カルミン酸色素

12種類もの添加物が使われていました

他の商品を見てもざっと10種類以上の添加物が使われています

その中で気になるのが、

・亜硝酸ナトリウム

亜硝酸ナトリウムの主成分、亜硝酸塩が高熱になると生成される「ニトロソアミン」に強力な発がん性があるのです

・リン酸塩

リン酸塩は乳製品など幅広い食品の加工用に使われるph調整剤です

過剰に摂取すると、腎臓病や心臓病などのリスクが上がると言われています

酸化防止剤(ビタミンC)

ビタミンCと言うと天然物に思われると思いますが、この場合はれっきとした食品添加物です

・各種たん白

カサ増しのために入れられる添加物です

これらはどれもアレルギー物質でもありますし子供にとって良い事はありません

食品添加物に安全なものはありません

どれだけ食品添加物が危険なのかを知るには次の本を読んでみて下さい⬇︎

安部司さんとは講演会で何度かご一緒さしてもらったことがあります

数種類の粉を混ぜるだけで様々な加工食品を作って目の前で見せてくれました

フェイクフードと言うやつです

カサ増しや色彩を鮮やかにする、日持ちを長くするために様々な食品添加物が使われています

実際今ソーセージを食べながらこのようなニュースを見ていると怖くなりますが、同時にそれら食品添加物を極力体外に排泄するデトックス商品を食することを勧めます

実際市販のハムやソーセージも沸騰したお湯に15秒ぐらい入れるとかなり軽減されます

ただし、そのお湯は必ず捨ててください

そして食品添加物がゼロにはなってないことを知らないといけないのです

全てのハムやソーセージの加工食品が悪いわけではありません

昔ながらの製法で丁重に作られている本物商品もたくさんあるので調べて購入してみて下さい(^◇^)

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事一覧

最近の記事

おすすめの記事

おすすめ商品

キャンペーン情報