ブログ

お風呂大好き!お風呂の効果

新潟では、朝夕と10度を下回ることも多くなり、そろそろ天気予報にも雪マークが出てきそうな予感です。

さて、寒くなってくるとあったかいお風呂が恋しくなりますよね?夏場はシャワーですます方もいらっしゃると思いますが、やっぱりこの時期は自宅でゆっくり湯船に浸かる時間が至福の時間(㊤´∀`㊤)

さて日本人が大好きなお風呂ですが、期待できる効果がたくさん!ご存知の方も多いかと思いますが改めて(^∀^*)

湯船に浸かってのんびりすれば、身体に「温熱」・「水圧」・「浮力」という、3つの物理作用が働き、リラックスでき、健康増進・ストレス解消・美容にも効果があり!

まずは温熱効果

高温浴(42~44度)では、血管や皮膚などを調整する自律神経の一つである交感神経を刺激して、新陳代謝を高め心身共に興奮状態に!

微温浴(35~38度)でゆっくりとつかると、もう一つの副交感神経が働き、精神的な安らぎと落ち着いた気分に!

温度によって効果が違ってきますので、その日の体調などによって使い分けても良いかも(・ω・)

続いて水圧効果

湯船に浸かると水圧がかかり、横隔膜が押し上げられて、肺の容量が少なくなり空気の量が減少します。それに伴い、静脈やリンパ管も圧迫されます。お湯から上がると水圧が無くなるので、手足の先まで一気に血液が流れ、全身の血行が良くなります。※急に立ちあがると脳貧血を起こすことがあるため注意が必要。

最後に浮力

湯船では浮力が働くため、身体が軽くなり、関節や筋肉にかかる負荷が減少し、筋肉の緊張がほぐれます。痛みがあって動かしにくいところも、お湯の中なら曲げ伸ばしがしやすくなります。毎日の入浴で少しずつ動かし筋力をつけてゆくとベスト。また、浮力でカラダが軽くなると、精神的にもゆったりリラックスし、ストレス解消にもなります。副交感神経が優位になるため、血管が拡張し、血液の循環がよくなる効果もあり。

魅力いっぱいのバスタイムですが、海の天然ミネラルをプラスするとさらに効果的!

さんご礁で有名なパラオ!その中で抜群の美肌効果をもたらすミルキーウェイ。ここの海底にある泥を全身に塗ることで、美白・保湿・アンチエイジングなどの効果が…!少し前にTVでも何回か放映されたみたいですよね。

この泥の正体こそ【サンゴ】なんです(・ω・ゞ-☆

って事で、化石サンゴと生体融合型光触媒トリニティーを湯船に入れることで、化石サンゴから溶出した天然ミネラル成分がお湯を活性化し身体をポカポカ、美白に(´∀`*)

そして身体の老廃物の排出を促しちゃうお勧めの入浴剤です!

サンゴで美白、保湿手に入れて、トリニティーでいらなモノを出しちゃいましょうヾ(´▽`*)ゝ

コライユ(浴用化粧品)400ml 定価5,700円+税

お問合せは日向まで

最後まで読んでくれてありがとうございました。

バイバイ―*.゚+ヽ(○・▽・○)ノ゙ +.゚*―!!

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事一覧

最近の記事

おすすめの記事

おすすめ商品

キャンペーン情報