ブログ

えっ!満面の笑みでソレ持っていかないで(by牛)

株式会社日向は、新潟の田んぼの真ん中にポツンと立ってる小さな総合商社です。全国の皆様に『環境を浄化する商品』『一般には出回らない本物商品』『結果の出る商品』を販売しています。健康的に美しく、そして環境を浄化できるお手伝いが出来たらと思いブログを書かせていただいています。

公式LINEでも最新情報随時配信中→日向BeOneLINE

今日は営業部の中村がお届けします♪

午前中、弊社代表鳥辺からの突然の連絡
愛知県の 玉村大介さんの複合発酵トリニティー堆肥と今後の農業についてZoomシェア会に参加するように、とのこと。

『えー!牛糞堆肥?複合性発酵?』農業の事はド素人のわたし!
『参加してもわかるのかなー?』と半信半疑で参加。

Zoomでログインしてみると全国のビーワン、トリニティーの販売者、愛用者50名超の参加で懐かしい顔も沢山!

今回お話ししてくれる玉村さんは、葉巻の販売から自己啓発セミナー、色々経験して成功してるつもりだった。しかし、その後大きな挫折感を味わい、気持ちが環境浄化に切替ったそうです。

↓玉村さん。

そんなタイミングで出会ったのが『トリニティー』だったそうです。

そんな話から始まり10分で話にのめり込んじゃいました!

3.11東日本大震災以降、宮城県『森コロパーク』とのご縁から、森を豊かにする活動をスタート。牛糞とトリニティーを混ぜて堆肥をつくり、樹木を育てる活動を進めています!

現在では、全国から牛糞を見学?に来る方が後を絶たないそうです。見学に来た方のなかには牛糞に埋もれる人も?(砂風呂チック?)もいらっしゃるようです ёё≡ Σ(ω |||) エェェェッ!

膨大な牛のウンコの堆肥浴に埋もれている女性の幸せそうな表情(笑)。もちろん参加者全員大爆笑 ヾ(*´∀`*)ノキャッキャ♪
鹿児島生まれの私からしたら、指宿市の砂蒸しに見えます (笑)

牛糞からできたトリニティー堆肥で色々な農産物が作られています。中でもおすすめは【トリニティーバナナ】。皮まで食べれる安心安全バナナです♫

また堆肥の発酵技術を応用した『本藍染め工房エクノの輪』とのコラボも紹介して頂きました。
複合発酵⇒堆肥の中の微生物を活性化させると微生物が合体して高濃化させると鮮やかな藍色に発色する様です。

環境保全研究所からも
『環境保全が昔から手掛けてきて中々広がらなかった好循環システムがやっと広がってくれている、無限の可能性に期待しています』

農業は完全ど素人の私でもワクワクしたあっという間の90分でした。
トリニティーの可能性大です、楽しい貴重な時間に感謝でした、ありがとうございました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

バィビィー☆(´ゝ∀・`)ノシ

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事一覧

最近の記事

おすすめの記事

おすすめ商品

キャンペーン情報