ブログ

洗顔洗心塾全国大会in和歌山 パート1

先日、お客さまの美容師さんのおすすめで「今野華都子さんの洗顔洗心塾」の全国大会に行ってきました。何百人もの方々が全国から来られていました。

そして、ゲストのお一人目はなんと! 筑波大学名誉教授の「村上和雄先生」でした。

遺伝子ゲノムの解明で世界的権威の先生が、洗顔に??と思いましたが、内容がすごかった。

まずは、20世紀の最大の発見は遺伝子(DNA)に設計図があったということだそうです。設計図があるということは、それを書かれた方がいるということです。それが、「サムシング・グレート」と言われる。大宇宙の創造主だということを科学者が認めざるえないことになりました。

そして、すべての生き物は、遺伝子暗号で繋がっているという発見だそうです。つまり、すべての生き物は、遺伝子のほとんどが同じということだそうです。そしてさらに21世紀の発見は、木々や花や野菜に至るまで、すべては同じDNAを共有していて繋がっているという発見がされました。花と会話する。お野菜と会話する。などは、科学的にありうる!ということなのです。そして微生物や菌体に至るまで、同じである!

最近では、大腸菌ですら人間細胞をつくれるのに、我々人間は、DNAを創ることはできずに、コピーするしかできないということ。

つまり、われわれ人間は、大腸菌以下ということになります。

そして我々は、地球だけでなくすべての全宇宙の構成している暗号を持ち備えていることが分かってきたらしいです。 すごい~

そして、もう一つ勉強になったのが、遺伝子にはスイッチがある。(ONやOFF)

遺伝子の2%しかわかっていないなかで、村上教授は吉本興業さんと組んで真剣にある研究をされました。

それは、血糖値の高い患者さんを多く集めて、2つの実験をしたとのことです。

最初は、患者さんに大学教授の難しい話を聞いてもう。そして、終わった後に血糖値を測ったら、すべての人の数値が上がったということです。

次に、同じ患者さんに今度は、吉本芸人の漫才を聞いてもらい、その後に数値を測ったらすべての患者さんの血糖値が下がったということです。

笑いや笑顔は、遺伝子のスイッチをONにするという証明らしいです。それを全世界に発表されました。

その話の中で、アメリカではお薬の薬害で年間30万人以上の方々が亡くなっており、日本では、大手製薬会社の社長さんは絶対に薬を飲まないみたいです。

もちろん、副作用が怖いからです。副作用のない薬はないのか?と尋ねると、副作用がなければその薬は効かないというイコールだそうです。

しかし村上教授の研究は、将来には病気で病院に行くと、帰りに薬ではなく、「お笑いのDVD」が渡される日がくる。と言われていました。すごくありませんか?

 

続く・・・

洗顔2

 

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事一覧

最近の記事

おすすめの記事

おすすめ商品

キャンペーン情報