ブログ

「腸」は空腹時に自浄作用を働かせるらしい

かつてないほど「腸」に注目が集まっていると思います

腸に携わる情報はたくさんあるので少しずつブログなどでお伝えさしてもらうと思います

株式会社 日向の鳥辺康則です(^◇^)

近代医学は脳や心臓、肝臓など機能的に重要な臓器ばかりに重きを置いてきていました

実は「腸」はそれら以上に重要だということが様々な研究ではっきりとわかってきたのです

腸内で活躍する善玉菌に対して、悪玉菌が増えて活発になると体調が悪くなる・・・

このような話は多くの人がどこかで聞いたことがあると思います

だからこそ善玉菌を増やす食べ物をたくさん食べましょう〜と言うことになるのですよね

しかしなぜ悪玉菌が増えるのか?

そのことをきちっと理解していないと、いくら善玉菌に良い食事をしても効果が薄くなると思うので

実は腸は元来、悪玉菌が増えないように自分で腸内をきれいにする「自浄作用」の能力を持っているのです

え〜あんまり聞いたことないと思うのです

結論から言えば、殺菌性のある消化液を出して悪玉菌をやっつけているのです

ではどんな時に消化液が出て腸を整えるのでしょうか?

それは空腹時なのです

お腹が空いている際に「ぐぅ〜」となりますが、その時に腸は収縮を繰り返して消化液で掃除をしているのです

さらにリラックスをして副交感神経が優位になることが必要だと言われてます


今巷では「断食」や「プチ断食」がブームになっています

健康に良いことやダイエット効果があることだけではなく、腸を清掃する時間を自分に与えていると言うことなのです

半日断食でもいいので空腹時間を作ると間違いなく腸は悪玉菌を減らします

その時重要なのが、リラックス状態にあると言うことです

自律神経が興奮するような状況では腸は活動が鈍るのです

例えば、リラックスするつもりでお酒を飲んでも実は神経が興奮して、交感神経が優位に働くのです

交感神経が優位に働くと腸の活動は鈍るので、興奮するような遊びは空腹時には避けたほうがいいと思います

のんびりと緊張が解けた状態の時は、副交感神経が優位になり、腸がどんどん働きます

このような状態になるために、例えば「瞑想」何かが良いと言われています

誰でも簡単にできるマインドフルネス瞑想がお勧めです

断食と瞑想と言うのは実は理にかなった組み合わせで最強の健康法だったと言うことなのです

東京都では、緊急事態宣言が発令され極力外出するなと言うことになっています

悪玉菌を減らすには、難しく考えなくて夕飯を早めに取り翌朝まで水以外口にせず、リラックスして過ごすことなのです

それだけで腸から悪玉菌が減るのです

何もしなくてぼーっとしてるだけで健康になると言う最高の健康法なのです(笑)

マインドフルネス瞑想するときには、ぜひトリニティーシリカヒーリングローションをお使いください

松果体を開かせ、非常に深い瞑想状態に入れると思います

とてもリラックス効果があり、インスピレーションや直感力が高まる可能性もあります

そんな商品を取り扱っているので興味ある方はお問い合わせください

断食と瞑想は下手な医者や薬を飲むよりもよっぽど健康になる手軽な方法だと思います

ぜひお試しください(^◇^)

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事一覧

最近の記事

おすすめの記事

おすすめ商品

キャンペーン情報