ブログ

とりちゃん2021年オススメの温泉ベスト3を発表いたします

温泉大国日本でまだまだ行ったことない温泉地や秘境の温泉はたくさんあります

出張に出たついでに様々な温泉につかって2021年に特に印象に残った温泉ベスト3を発表いたします

株式会社 日向の鳥辺康則(とりちゃん)です

コロナ禍で免疫力の重要性が叫ばれている昨今です

そんな中で、日本が誇る天然のクスリと言われる温泉が再び注目を浴びています

人間は体温が1度上がることで免疫力が5〜6倍になると言われています

代謝が上がり血行が良くなることでリンパの流れが改善され免疫細胞の働きも向上します

上には体内の免疫細胞の約7割が存在しており、温泉に入ることで腸の活動が活発になることも知られています

浮力効果で疲労回復やストレス解消にもなります

睡眠改善や睡眠の質が向上することも知られています

水圧効果で心肺機能が活発になります

気道の異物排泄機能を正常化することも知られています

要は温泉に入ることで心身ともにリフレッシュして健康になって免疫力が上がると言うことです

そんな温泉大好きな私がお勧めするベスト3です

第3位は十勝岳温泉「湯元 凌雲閣」


空知郡上富良野町に位置し、国民保養温泉地に指定されている温泉地です

絶景の露天風呂として知られており、北海道で最も高所に位置する「湯元 凌雲閣」

外から見える夕日が圧倒的で心が癒されます

昭和34年5月3日、十勝岳の地図を作成するため
測量中だった創業者の會田久左エ門しんが旧噴火口で泉源を発見したのが始まりです

こちらの露天風呂から見る圧倒的な大自然の雪景色は本当に圧巻です

こちらの宿では2つの源泉を楽しむことができます

茶色濁った鉄分を多く含む酸性硫黄塩泉

それと透き通ったお湯のカルシウム・ナトリウム硫黄塩泉です

両方の温泉ともラドンを多く含み全国では珍しい泉質で、皮膚病いやアトピーによく効くことで知られています

そして名物女将のお母さんが優しく出迎えてくれるのも特徴です

場所柄海外からのお客さんも多く一生懸命覚えた英語で出迎えてくれたりもします

本当に北海道1高い場所から入る絶景の景色と最高の温泉です

https://www.ryounkaku.jp/

第2位は北海道八雲町の秘湯「銀婚湯」


北海道の函館市から車で1時間30分位行ったところにある秘境の温泉場です

濃い緑の木々に包まれた入り口を抜け、樹齢1000年を超える水松の大木越しに見えてくるのは、歴史を感じる風雅なたたずまいの宿「銀婚湯」さんです

1万坪の庭に建つ二階建ての建物は、創業昭和2年、昭和37年築以来増改築してきた純和風の広々とした館内は風情にあふれ、上質な木のぬくもりに包まれています

こちらの自慢は内湯の温泉も素晴らしいのですが、外に出て楽しめる自然と一体化できる様々な露天風呂が有名です

途中危険な吊り橋を渡りながらアドベンチャー気分で広大な土地にある様々な露天風呂を堪能できます

全部で11カ所の湯船があります

隠し湯の中でも一番奥にあるトチニの湯までは歩いて10分ほどです

森に囲まれたトチニの湯は、自然と見事に調和した名湯です

米杉の大木をくりぬいた湯船と、奥にある小さな湯船を、生い茂る緑や眼下の川面を眺めながら貸切で利用するのは、この上もない贅沢気分

すぐそばに湧き出る単独源泉100パーセントの少し熱めなお湯に浸かれば、体の芯までポカポカになり、忘れられないひとときを過ごせます

森の精霊を感じられる大自然の中の露天風呂は唯一無二の贅沢です

泉質は弱アルカリ性のナトリウムー塩化物・炭酸水素塩泉など源泉別に微妙に異なります

源泉温度は60度〜95度と高温ですので、一部の浴槽は地下水を一割程度加水して適温化しています

湧出量は合計毎分170リットル(自噴)確保していますので、温泉の成分を劣化させる循環、濾過および人体に有害な塩素殺菌や水道水の混入は一切しておりません

自然と一体になり本当の温泉を楽しみたい人には良いと思います

http://www.ginkonyu.com/

第1位は島根県の温泉津温泉「薬師湯」


圧倒的な温泉の性質でベスト1位です

旅の僧が、湯に浸かって傷を治している狸を見つけたとか、縁結びの神様大国主命が病気のウサギをお湯に入れて救ったことから始まったともいわれる温泉場です

発見されてから約1300年の歴史を持ち、湯治場として評判の由緒ある温泉です

現在もその薬効の高さから入浴者のたえることがないんです

外湯は「元湯泉薬湯」と「薬師湯」の2箇所あり、
両方とも源泉に一切手を加えない、生の温泉が浴槽に入っています

その中でも薬師湯は日本温泉協会の天然温泉の審査で最高評価の「オール5」を受けた100%本物のかけ流し湯温なんです

とにかく温泉の濃度が濃厚すぎるくらい濃厚なんです

まさに「生温泉」と表現するのが正しいと思います

しかし欠点が1つだけありとにかくお湯が暑いのです

元湯のほうはなんと48度もあるんです

熱湯風呂じゃあるまいし普通の人は入れません

私は何とか我慢して8秒ほど入りました🤣

でも暑いお湯が苦手な人は近くにある温泉旅館をお勧めします

それが薬師湯のすぐ近くにある「輝雲荘」さんです

http://www.kiunsoh.com/

温泉津温泉の中で唯一露天風呂を構えているお宿なのでとてもお勧めです

生温泉はそのままに、源泉を少し冷まして使っているので普通の人でも入れます

泉質はナトリウム・カルシウム一塩化物温泉(低張性中性高温泉)です

しかし何といっても源泉の1キログラム中に含まれる成分がとにかく濃厚なんです

地元の人も頻繁に温泉に入りに来てるので、完全に湯治場としても機能しています

日本有数の濃度の高い生温泉を楽しんでみてはいかがでしょうか?

https://www.yunotsu.com/

2022年も様々な温泉に行きたいと思っています

免疫力を高めストレスを解消してくれる日本の天然温泉は世界の誇りだと思っています

最後まで読んでくれてありがとうございます

  • Comment ( 0 )

  • Trackbacks are closed.

  1. No comments yet.

You must be logged in to post a comment.

Related posts

最近の記事

おすすめの記事

おすすめ商品

キャンペーン情報