ブログ

知らないということは本当に「怖い!」と言うことだと思いました

テレビでは連日新型コロナウィルスの報道がされています

都内でも国内二人目の感染者が出たと報道されてました

株式会社 日向の鳥辺康則です(^◇^)

以前ブログでも書きましたが、私たちが考えている以上に新型コロナウィルスは深刻な事態になりかねないと私は思っています

潜伏期間が長いため世界に拡散されパンデミックが起こる確率が高いと言われています

さらに発熱せずに死亡した方もいるため、国をまたいで入国する際の発熱検知装置も絶対では無いのです

しかし報道の中で一番びっくりした事は・・・

中国から来た観光客に話を聞くと新型コロナウィルスのことを全く知らなかったんです

つまり、中国国内では報道やSNSなどに規制がかけられほとんどの国民が知らないと言う現実があります

日本に来て初めてとんでもない事態になっていることがわかったと言うことです

実際中国当局は、SNSで新型コロナウィルスのことを発信すると即削除しています

それでもそれを回くぐり、現地の医師がSNSに挙げた重大なメッセージが世界で報道されました

情報がコントロールされ国民に知らされないことって本当に怖いことだと実感します

日本だから情報コントロールされてないと思ったら大間違いだと思っています


そういう意味では日本国内では報道がされているので安心する方も多いのではないでしょうか?

しかし実際は日本国内の報道も偏ったもので情報が完全にコントロールされてると私は思っています

視聴率や購買率を上げるために情報完全に捻じ曲げられてます

政府内の人が情報を隠蔽し国民をコントロールしてる風にも思います

日本は情報が発信されますが完全に洗脳型のもので国民のほとんどの人がそれを信じています

メディアの情報は正しい

お医者様の言うことが正しい

大企業の言うことが正しい

政府が発表する情報は正しい

本当にそうなのでしょうか?

例えばカルロスゴーンの逃亡劇のニュースです

彼は日本の大企業「日産」を救った英雄なのか?

国外逃亡した犯罪者なのか!

日本のメディアの報道は犯罪者扱いです

私から言わせればカルロスゴーンの事件なんて日産の社内クーデターとしか思ってません

彼は人を殺したわけでもないし、詐欺を働いたわけでもありません

社内の中で会社の資金を私的に流用しただけの話なのです

しかしメディアは21世紀の大犯罪者として報道します

事実は本人しかわかりません

別にカルロスゴーンを擁護するつもりはありません

言いたいのはメディアの報道は一方的で、ある意味メディアリンチをしてるのと一緒です

SNS情報発信も国が関与しコントロールされている疑いがあります

何が本当で、何が嘘なのか?

メディアやSNSだけでは正しい情報は決して入手できないかもしれない事態になっているのです

中国は報道規制がかかりメディアコントロールされてるからかわいそう

そんなこと思ってる日本人こそ世界から見たら本当にかわいそうだと思います

世界一遺伝子組み換えの食べ物を食べさせられているにもかかわらず、今年から表示義務が実質なくなりました

法律まで変えて国民に真実を知らせない国なのです

知らないって事は本当に怖いことなのです!

極力本当に信頼できる人からの情報しか頼れなくなります

今回の新型コロナウィルスの度重なる報道を見て本当にそんなことを思ってブログに書きました







  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事一覧

最近の記事

おすすめの記事

おすすめ商品

キャンペーン情報