ブログ

「目に見えない世界」はとても大切なような気がします

世の中には「目に見える世界」と「目に見えない世界」があります

人間は見るものばっかりに価値を置き、大切にしがちなのですが私はそうは思いません

株式会社 日向の鳥辺康則です(^◇^)

「目に見えないもの」の中にとても大切なものがあるように思います

我々が吸っている空気も見えません

日頃皆さんがおしゃべりをしている「声」も見えません

思考や想いなども見えないのです

しかし目に見えるものは全て目に見えないものによって作られていると思っています

ボールペン1本とっても、誰かがこんなものがあったら便利でとても良いと思う想いからスタートしてると思うのです

この世の中は見えないものが98%以上だと思っています

その見えないものや形にならないものを、非科学的と言ってまるで宗教のように扱われるのはおかしいと思います

電磁波は今でこそ「立派な科学」の対象です

しかし、一昔前の科学者たちの中には「そんな目に見えないものは科学ではない」と否定するものがたくさんいました

科学とは本来、事実を追求した先にあるものだと思っています

しかし科学者のほとんどは、すでに常識になり陳腐化したものしか信じません

発明をエジソンを超えた偉才ニコラ・テスラはこのようなことを言っています

今日の科学がひとたび非物理的現象の研究に着手すれば、たった10年で前世紀よりも多くの進歩を遂げるだろう

テスラは、現実世界に大きな影響及ぼす「目にも見えず形もならない意識の世界」が存在していることを証明した人なのです

例えば米国の医薬品会社の研究によると、乳がんの治療に「手かざし療法」が有効であることを証明しました

もちろん直接「ヒーラー(施術者)」が手をかざすと効果があったのですが、それ以外でも実験は面白い結果を示しました

ヒーラーの「氣」を閉じ込めたコットンと「氣」を記憶した電磁気媒体を介して乳がん細胞の変化をモニタリングした結果面白いことがわかりました

その結果、保存された「氣」を浴びた乳がん細胞の多くの遺伝子が、24時間の間に著しく抑え込まれたと言うことなのです

カナダのマギル大学の実験では別の効果も検証されています

有名なヒーラーが手かざしをした水を植物に与えたところ、実験群のほうに大きな成長が見られたと言う報告がなされました

水に「氣」エネルギーが転写されたと言うことです

他にも麻酔を打って寝ているネズミに、早く目覚めるように「念」を送ると、実験群のネズミは対象群よりも平均87%の短い時間で目覚めたと言う結果も出ています

このような非科学的な実験結果は世界に山のようにあります

科学者はこれを認めようとはしません

結果があるにもかかわらず、見ようとしないのです

しかし非物質科学の世界が存在するのは間違いない証拠です

今の3次元の科学で証明できなければ全て非科学的に扱うのであれば、人間の創造性を劣化させている原因になっていると言わざるいません

目の前に結果があるのに!

現在の科学の定義とは?

一定の目的・方法のもとに種々の事象を研究する認識活動。また、その成果としての体系的知識。

とされています

つまり臨床的にデータや科学的に理論体系が証明できなければダメだと言うことです

結果があるのに理論体系的な説明ができなければ認められないと言うことです

こんなことを言ってるから進歩しないのです

私たちは、自分たちの直感や先人たちの知恵をもっと大切にして生きていくべきだと思っています

そんなことを思ってブログに書きました(^◇^)

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事一覧

最近の記事

おすすめの記事

おすすめ商品

キャンペーン情報