ブログ

なくならない食品偽装や基準値越えの中国食品問題

相変わらず国内企業での食品偽装のニュースが飛び込んできます

偽装してもバレなかった時代があるのでしょうね?

しかし今の時代のエネルギーは全て公開されてしまうと思っています

株式会社 日向の鳥辺康則です(^◇^)

福岡県北九州市の食品加工会社が、中国産の梅を国産と偽って販売していたことが判明しました

偽装は少なくとも5年ほど前から行われていたとみられています

この会社から梅を仕入れて販売していた太宰府市の大人気ふりかけ「梅の実ひじき」などは販売を取りやめる決定をしています

スーパーなどの野菜売り場で中国産の野菜が売っていたら消費者はあまり買わないと思います

しかし、消費者が望まない中国産の食品が大量に日本に入ってきているのです

その輸入量は年々膨大な数に増えているのです

未だに中国産食品を使いながら「国産」と歌っている商品が数多くある可能性もあります

時代は秘密から公開へ!今回も内部通報と言う形で発覚したらしいです

中国産食品は未だに基準値越えが多い実態がある


昨日のニュースで京都市の食品貿易外車が、中国から輸入した青ネギから国の基準値を超える農薬「チアメトキサム」が検出されたとして京都市が自主回収を発表しました

チアメトキサムは、ネコニコチノイド系の農薬で、アブラムシやコナジラミなどを対象にした殺虫剤です

生態系を崩し人体にも有害だと言うことで使用が禁止されてる国もたくさんあります

そもそもネコニコチノイド系の農薬を許可している日本の法制度に問題を感じます

今回は国が定める基準値の1.5倍の殺虫剤を検出したと報道されています

しかし国が定める基準値は他の国では絶対に危険とされている数値でもあるのです

中国から入ってくる食材全てを検査するわけにはいきません

たまたま今回検査した青ネギが引っかかっただけなので、間違いなく基準値声の食品は大量に食卓に並んでいると考えられます

先月は、大阪市内の貿易会社が中国から輸入した生わさびから国が定めた基準値の7倍の農薬が検出されたとして自主回収を命じました

「プロシミドン」という農薬です

この農薬は植物のカビを防ぐ殺菌作用があり、国内でも野菜や果物の栽培に薄めて使うのかもあります

しかし、食品安全委員会の実験ではラットの肝臓や精巣に影響を及ぼすことが知られています

そもそもそんなものを許可している日本の法制度を疑います

わさびはほとんどが日本製だと思っている人が多いかもしれませんが、実は中国産やインドネシア産のものも多いのです

そのわさびが加工用に輸入されているのです

他にも中国産うなぎから日本では使用が許可されていない抗菌剤マラカイトグリーンが続々と検出されたり、中国産のお米からメタミドホスが検出されたりしています

何が本当で何が嘘なのかわからない時代です

何が安全で何が危険なのかわからない時代です

自分や自分の家族の健康は自らが守らなければなりません

農薬や殺虫剤、化学物質を少しでも除去できる整体融合型光触媒トリニティーをお勧めしています

それでも体内に有害な化学物質が入ってくるので、それらを体外に排泄するデトックス商品も進めています

今自分が食べている餃子の中身が中国産食品で埋め尽くされている可能性もあります

安心安全な家庭生活を送るために賢い選択をしていきましょう(^◇^)

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事一覧

最近の記事

おすすめの記事

おすすめ商品

キャンペーン情報