ブログ

地球上でどのようにして生命が誕生したのか?

生命がどのように誕生したのか?

実は様々な仮説あるが今段階はっきりした結論には至っていないと言われています

株式会社 日向の鳥辺康則です(^◇^)

宇宙から飛来した隕石に付着していたバクテリアのようなものが生命の最初であると言う学者もいます

なぜならば微生物の中には地球外の有機物を食べる微生物も発見されているからです

宇宙でしか存在しないものを分解すると言うことです

しかしそれですら一つの仮説にしか過ぎません

他には、進化論で知られるダーウィンが主張したのは、最初の生命は暖かい池で生まれたと考える「暖かい池説」

海の干潟で生まれたと考える「干潟説」

いろいろなものをくっつけることができる粘土鉱物の表面で生まれたと考える「粘土鉱物表面説」

海底火山の熱水噴出孔でよく見られる、黄鉄鉱の表面で生まれたと考える「黄鉄鉱表面説」

これらの説の中でも欧米を中心に支持を得ているのは「黄鉄鉱表面説」で、現在のところ、最古の生命は原始海洋の深海で誕生したと考えるのが主流になっています

つまり未だに絶対これだと言う説は無いのです

しかし、なぜ最古の生命が深海で生まれたのか?

初期の地球の大気には酸素がなく、オゾン層も形成されていなかったため、地表には有害な宇宙線や紫外線が降り注いでいたと言われています

しかし、それは海底まで届かなかったことから、メタンや水素などの還元ガスが発生している熱水噴出孔に、バクテリアのような「原核生物」が誕生したと推定されています

ではそもそもそのバクテリアのような「原核生物」はなぜ誕生したのか?

誰にもわからないのです

生命が誕生した時期については、今から約38億年前と考えられています

しかし実際に生命が存在していた証拠となる化石は発見されていません

ただし、この時代の岩石から「グラファイト」と呼ばれる炭素でできた物質が発見されているのです

このグラファイトは、生命でなければ作ることのできない化学成分を持っていたことからその存在が確認されていると言われています

いったい生命はいつの時期にどのように誕生したのか?

私は宇宙との関係もあると思っています

地球上のすべての生命は宇宙とつながっていると思っているからです

何かしら宇宙との関わりの中で生命が誕生したと言うことです

まったくの仮説ですが🤣

科学が進歩していて、人間はたくさんの知識を蓄えました

しかしなぜ生命が誕生したのか?

たった一つこの原点がわからないのです

つまり私たちは十分に知っていないことを知るべきだと言うことです

なんでも知識やデータだけを信じて理論武装する人がいますが、それだけでは解明できない事はたくさんあると思っています

まさに神秘と言うことです

生命が誕生したのも神秘そのものだと言うことだと思っています

そんなふうに思ったのでブログに書きました

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事一覧

最近の記事

おすすめの記事

おすすめ商品

キャンペーン情報