ブログ

「孤独」は病気であり人を殺すことが分かったそうです

近年は「孤独」が社会的問題になっており1つの病気を引き起こす一因だと言われています

株式会社 日向の鳥辺康則です(^◇^)

ハーバード大学が行なった75年にわたる研究で、「人を幸せにするのは何か?」と言うことが調べられました

その結果分かった事は、重要なのはお金よりも「社会的つながりの多さ」であることがわかりました

人は1人では生きられない

人とのつながりによって喜びを得たり生きがいを感じる生き物だということです

ここまではある程度予想していた結果なのですが・・・

その調査でもうひとつわかったことがあります

それは「孤独は人を殺す」と言うことです

社会的つながりが人の幸せの原因だとするのであれば、つながりのない孤独は1番の辛いことになります

ある研究者によると「孤独」は1種の病気であり社会的問題にもなりつつあると言うことです

「孤独」はさまざまな病気を引き起こす原因になると言うことです


孤独は循環器疾患や卒中のリスク要因となるだけでなく、免疫系を弱らせ、2型糖尿病になる確率を上げます

睡眠習慣にも悪影響与えることに加え、孤独を感じてる人は30%も早死にのリスクが高いと言われています

そんなことを受けて「孤独を治療する薬」と言うものが開発されていると言うことです

孤独感を悪化させる脳の働きを止めると言う薬らしいです

怖い〜って思いませんか?

ハーバード大学では孤独を解消するのに、他人との社会的つながりや適度な食事、運動といった健康ライフスタイルを推奨していると言うことです

そもそも人とのつながりが嫌だから孤独になっているのに、社会的つながりを持ったり運動したりするのでしょうか?

実際に英国では、人口約6500万人に対して900万人以上が孤独を感じ、65歳以上のうち360万人が「TVが主な友達」だと言う調査があります

深刻な事態を受けて英国では「孤独省」が作られてその対策に追われていると言うことです

米国でも大人の4割以上が孤独を感じていると言う結果が出ています

世界で広がる「孤独」という病気

世界で孤独な人が増えている理由は大きく2つあると言われています

一つは高齢化によって1人で暮らす時間が長くなっていると言う事

もう一つはデジタル化が進み人と人とが直接触れ合う機会が減っていると言うことです

日本も他人事では無いのです

既婚者や非正規の人の増加で日本の孤独より深刻になると言われています

最近日本では結婚をしたがらない若い人たちが増えているとも聞きます

孤独は間違いなく心に悪影響を与えるだけではなく身体にも様々な影響与えていると言うことです

なかなか解決することが難しいかもしれませんが極力好きな趣味を持ったり、没頭できる何かを見つけることが良いと言われています

人類は孤独があったが故に進化し続けられたと言うデータもあります

孤独が悪いわけではなく、孤独が故に次の新しい自分を発見でき進化できたと言うことです

あまりマイナス的に捉えるのではなく次の自分に脱皮するための準備だと思い楽しむことを勧めます(^◇^)

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事一覧

最近の記事

おすすめの記事

おすすめ商品

キャンペーン情報