ブログ

巣ごもり需要で手軽に食べられるインスタント食品が爆発的に売れているらしいです

新型コロナウィルス流行がきっかけで購入が急激に増えた食品がいくつかあるみたいです

その代表格が手軽にいつでも食べれて日持ちのするインスタント食品です

株式会社 日向の鳥辺康則です(^◇^)

どれぐらい売り上げが伸びてるかと言うと、「冷凍食品」は30.1%、「カップ麺」は24.9%、「レトルト食品」は18.4%位伸びてるらしいです

さらに消費者にアンケートをとると、とても購入が増えたと思う食品は・・・

第1位は「お菓子類」、第2位は「パン類」、第3位が「冷凍食品」と言うことです

この3つはすべて30%以上伸びています

正直我が家ではあまり買わない商品群なので実感がないのですが、あんまり体に良さそうなイメージはありませんよね

逆にこのようなインスタント食品や加工食品は大量の添加物が使われており食べ続けることによって様々な弊害があることが報告されています

我が家でもたまに食べるので良いのですが、毎日食べるようなものではないと思っているのです

確かに便利だし、すぐ食べることができるし、気持ちも長いので緊急避難用の食料としては備蓄してるのも事実です

こうした便利な食品は「超加工食品」と呼ばれ、食品添加物がたっぷり入っていたり、脂質や塩分量が多かったりするのが事実です

食品添加物は食べてすぐに体の異常をきたすものではありません

しかし食べ続けたり複数の食品添加物が掛け合わされたりすると、糖尿病やがんになるリスクなどが高まると指摘されています

欧米や欧州では超加工食品に課税をして消費量を減らす努力をしたり、全体の消費量の20%以上を減らすように政府が働きかけたりしています

具体的にはどんな健康被害が懸念されているのでしょうか?

週刊ポストの記事によるとこのように書いてありました⬇︎

「2019年2月、アメリカの医師会誌に“45才以上のフランス成人4万4551人を対象に長期の追跡調査を行った結果、超加工食品を消費する割合が10%アップすると、死亡リスクが14%上がる”という報告がされました。

 また、2018年の英国の医師会誌の報告では、発がんリスクの上昇が示唆されています。今年のブラジルの研究チームのレポートでは、超加工食品の消費量が10%上昇すると肥満になる確率が18%上昇することがわかりました」

 2015年、豪州のディーキン大学のチームは、さらに衝撃的な研究結果を報告した。

焼き肉やソーセージ、ハンバーグ、ステーキ、ポテトチップス、清涼飲料水を摂取している人たちは、脳の左側の「海馬」が萎縮しやすいということがわかったのだ。

「詳しくは解明されていませんが、アルツハイマー病や軽度認知機能障害の患者は、左の海馬が小さくなる傾向があります。海馬は学習や記憶のほか、抑うつなど気分の調節にも関与している器官。また、左脳は右脳に比べてアルツハイマー病になったときに影響を受けやすいといわれます」

 つまり、超加工食品を食べ続けると、認知症やうつのリスクも上がるのだ。これほどの危険性がありながら、超加工食品を食べ続けてしまうのは、単に「便利だから」というだけではない。これらは往々にして塩分や糖分、脂肪分が多く、1食でかなりの量を摂ることになる。それが“超加工食品依存症”につながるというのだ。

「米国のイェール大学の研究によると、超加工食品を食べると、脳内の快楽を司る『報酬系』の神経回路が活性化する。つまり、一度食べるとますます食べたくなり、“依存症”のようになるのです」

さらに食品ジャーナリストの郡司和夫さんは、インスタントラーメンやスナック菓子に対して警笛を鳴らしています

インスタントラーメンはよく塩分と脂肪分の多さが健康に悪いと指摘されるが、それだけではない。食品ジャーナリストの郡司和夫さんが言う。

「麺を揚げるとき、多くがヤシの実からとれる安価なパーム油が使われていますが、これは心疾患(心臓病)や糖尿病のリスクが上がるといわれる飽和脂肪酸を多く含みます。輸送時にパーム油が酸化するのを防ぐために使われる『BHA(ブチルヒドロキシアニソール)』という食品添加物は1998年、動物実験で発がん性が確認されています」

 高温の油で揚げたファストフードやスナック菓子などは、トランス脂肪酸による被害が心配だ。

「米ハーバード大学の研究によれば、摂取するトランス脂肪酸のわずか2%を不飽和脂肪酸に置き換えただけで、心疾患リスクが53%も減ったという結果が出ています」

結果から言うとあまり健康にはよろしくないものだと言うことと、脳や精神的なものにも作用するみたいなので気をつけた方が良いと言うことです

最近の若い方々は毎日コンビニの弁当で生活をしていると言うことも聞いたりもします

栄養価的には満たされるかもしれませんが、様々な精神的障害もないとは言い切れないと思っています

だから食べるな!ではありません

食べる頻度を考えたり、食べるときに同時に化学物質を体外に排泄できるデトックス商品を摂取するべきだと思っています

人間の体は食べたもので作られていきます

極力食べるものには興味を持ち選んでほしいと思ってます

その上で、インスタント食品や超加工食品を食べる場合には気をつけたいですね

そんなことを思ってブログに書きました(^◇^)

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事一覧

最近の記事

おすすめの記事

おすすめ商品

キャンペーン情報