ブログ

子供たちの間で骨折が急増してると言うニュースを聞きました

骨の骨折やひび割れの経験が20回以上ある私が言うのもなんですが、最近子供たちの間で骨折が増えていると言うニュースを聞きました

今も骨にヒビが入りギブスをはめています(笑)

株式会社 日向の鳥辺康則です(^◇^)

なぜ子供たちの間で骨折は増えてるんでしょうか?

専門家によると学校の臨時休校などで子供たちの体力低下が目立っているとの事でした

しかしほんとにそれだけなんでしょうか?

そもそも転んだだけで骨は簡単には骨折しません

しかし状態を聞いていると鬼ごっこ最中やちょっとした転倒で簡単に骨折してるみたいなんです

ん〜これはただごとでは無いような気がします

骨折経験豊富な私は過去に骨と様々な関係を調べたことがあります

そんな中で考えられることがいくつかあります

・原因と思われる要因その一

マスクの着用が影響していることが考えられます

酸素は骨を含めた人間の全ての細胞の発現に不可欠である事は承知の事実です

近年は酸素は特定の遺伝子プログラムの発現を制御する調節シグナルでもあることが明らかになっています

そして酸素不足になるとそもそも骨が充分に生成されなくなるのです

そしてもう一つ、低酸素状態は「破骨細胞」と言う骨を破壊する細胞の発現因子になるのです

つまり長時間のマスク着用は、間違いなく低酸素状態をもたらし骨の生成を阻害し、破骨細胞を作り破壊してしまうのです

充分な骨が作られずにもろくなると言うことです

・原因と思われる要因そのニ

日光不足が原因だと思います

ビタミンDと骨の密接な関係は様々なところで報告されています

とりわけ骨形成に関しては、サプリメントによるビタミンDでは効果は低く、太陽光により作られるビタミンDが有効だとされています

自粛生活で太陽光を浴びる時間が減った影響で骨がもろくなっていると考えられます

・原因と思われる要因その三

骨の生成を促進する重要な要素に腸内細菌が関係しています

その腸内細菌が過剰な消毒によって破壊され、骨を整形する腸内細菌環境が変化してる可能性が大いに考えられます

過度な衛生による人為的な消毒や殺菌によって体内微生物のバランスが崩れていると言うことです

確かに体力の低下があるかもかもしれませんが、それだけでは十分な理由にならないと思うんです

コロナ禍によってマスクや自粛生活、過度な消毒により骨がもろくなっていると考えられます

今現在ギブスをしている私が言うのも何なのですが🤣

コロナ騒動が続けば続くほど影響は大きくなると考えています

子供たちだけではなくすべての世代に共通して、骨がもろくなりやすくなり健康被害が急増することも考えられます

特に酸素不足と腸内環境の乱れは骨以外にも様々なところに影響するので気をつけたいですね

そんなことをニュースを受けて感じたのでブログに書きました(^◇^)

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事一覧

最近の記事

おすすめの記事

おすすめ商品

キャンペーン情報