ブログ

食肉代替食品が大ヒットしているが大丈夫なのでしょうか?

世界では気候変動や食料不足のことを考えて食肉を食べない人たちが増えていると聞きます

国のよっては食肉を食べてる行為そのものがダサイと思われてるみたいです

株式会社 日向の鳥辺康則です(^◇^)

そこで今注目されてるのが食肉代替食品です

大豆などで食肉を真似て作る植物由来食肉様食品です

特に米国では食肉売上高の2%を占める位ヒットしてると言うことです

特にえんどう豆で作った代替肉パテを使ったハンバーガーがヒットしてると聞きます

日本でも様々なファーストフード店が新製品として発売してきているので食べたことある人も多いと思います

その背景には、もともと米国は430万人のベジタリアンと370万人のヴィーガンが存在しています

彼らは動物性食品は体に良くないと考えており、食肉代替食品を受け入れているのです

本当にお肉を食べなくなったら健康になるのでしょうか?

実は意外と知られてませんが、食肉代替食品は驚くほど食品添加物が多いと言う事実があります

食品添加物の塊だと言うことです

業界も肉の風味を作り出すために食品添加物を多量に使用していると認めているのです

これらの多量の食品添加物は相乗毒性の検査が行われていないのが実態です

お肉を食べると気候変動にも悪影響だし体にも良くないとして、食肉代替食品を食べている人たちは添加物の塊を食べてるのです

そもそもそんなものも食べない!と言う人たちもいるでしょう

野菜を食べていれば健康になる!と思ってる人も本当にそうなのでしょうか?

食べてる野菜が無農薬の完全自然栽培の野菜であれば良いのですが、実際はどうなのでしょうか?

現代の野菜は添加物にまみれています

どんなにたくさん野菜を食べても添加物まみれのものを食べていれば健康になれるどころか、むしろ健康害する可能性もあるのです

人間の体は食べるもので作られています

お肉でも野菜でも自然なものを口に入れるべきだと思っています

人工物質的なものや遺伝子組み換えされた原材料を使っているものなど、不自然なものを口に入れるべきではないと思っているのです

特に小さなお子さんを抱えている親御さんにはよく考えてほしいと思っています

私たちは野菜や果物についてる農薬や食物に含まれる食品添加物を極力分解してくれるトリニティーZを進めています

買ってきた食材をその液体に少しつけ置きするだけでいいのです

合成化学物質や添加物、残留農薬を分解してくれます

どんなものが含まれたり使われているかわからない時代になってきてるのでぜひ興味がある方は使用してみて下さい

  • Comment ( 0 )

  • Trackbacks are closed.

  1. No comments yet.

You must be logged in to post a comment.

Related posts

最近の記事

おすすめの記事

おすすめ商品

キャンペーン情報