ブログ

新型コロナワクチン接種の疑問点ありますよね

お客さまと会うとこんな質問されます

「鳥辺さんはワクチン接種するんですか?」

株式会社 日向の鳥辺康則です(^◇^)

私はワクチン接種をすぐにしたいとも思いませんし、絶対しないと決めているわけではありません

なぜならばあまりにも疑問が多いからです

そもそも新型コロナワクチンは、従来型のワクチンと全く違うのです

ワクチンの代表のものは「生ワクチン」「不活化ワクチン」「トキソイド」などがあります

・生ワクチンとは?

病原体のウィルスや細菌が持っている病原性を弱めたものを人間の人体に摂取することです

つまり予防接種として、病原性を弱くしたウィルスや細菌が身体の中で徐々に増えているため、接種後軽い症状が出るのが特徴です

そのことにより獲得免疫ができるのです

代表的なものに麻疹・水疱瘡・おたふく風邪などがあります

・不活化ワクチンとは?

病原性をなくした細菌やウィルスの一部を使ったものを人間の体内に摂取することです

生ワクチンに比べて免疫力がつきにくいため、複数回に分けて摂取することになります

代表的なものにインフルエンザやB型肝炎などがあります

・トキソイド

細菌の産生する毒素(トキシン)を取り出し、免疫を作る能力を持っているが毒性は無いようにしたものです

代表的なものにジフテリアや破傷風のワクチンがあります

つまりワクチンは原体から作り、体内にその病気の抗体を生じさせるものであるのです

獲得免疫を持つと言うことです

しかしコロナワクチンは全く違います

興味ある方がこの本を読んでみて下さい⬇︎

http://コロナとワクチン:新型ウイルス騒動の真相とワクチンの本当の狙い https://www.amazon.co.jp/dp/4763410962/ref=cm_sw_r_cp_api_glc_i_S0VHFY67Q8NSZ30EXQ64

コロナウィルスの遺伝子(RNA)を人体に送り込み人間の細胞内でコロナウィルスを作らせるのです

それによって免疫力を上昇させると考えられています

つまり従来のワクチンとはかけ離れたものであり、厳密に言うとワクチンではないのです

にもかかわらず「コロナワクチン」と称しているのは何故なのでしょうか?

実はワクチンと称すると、動物実験を回避でき、長期間の治験を回避できるからです

わかりやすく言うと短時間で承認されるように「コロナワクチン」と言う言葉でごまかしているのです

コロナワクチンは、遺伝子の水平展開のようなもので体内にコロナウィルスを作り続ける可能性もあります

接種後の中・長期間の副作用が非常に懸念されます

遺伝的な変異が起きないとも限りません

しかし陰謀論などで絶対にダメだと言うことも私はいません

もう少しわかりやすい解説を国民にしてもらい、今までとワクチンと何が違いリスクが何があるのかを開示してほしいと思っています

そんなことを思って少しでもわかりやすくブログに書いてみました

  • Comment ( 0 )

  • Trackbacks are closed.

  1. No comments yet.

You must be logged in to post a comment.

Related posts

最近の記事

おすすめの記事

おすすめ商品

キャンペーン情報