ブログ

無意識も周りの人に自然に伝わってるのでしょうか?

先日ある方のコラムを読んでてすごく興味を持ちましたw

それは人間の無意識領域も周りの方に影響与えている可能性があると言うことでした

株式会社 日向の鳥辺康則です(^◇^)

興味ない人は全く意味のないブログになるのでご了承下さい

無意識はその名の通り、自ら意識してない部分で潜在思念とも呼ばれています

普段頭の中で浮かぶ・聞こえる言葉は全て意識のレベルであり表面的でしかないのです

その先の無意識領域はなぜ物理的にもつながっていない他者に伝わると言えるのでしょうか?

非常に興味があります

しかし私は前からすべては波動の世界であり、すべての現象は波動によって起こっていると思っているのです

と言う事は無意識領域にも必ず波動があり他者に影響与えている可能性があると思っています

しかし実際にコラムではそんな簡単な話ではなく仮説ですが「ゼロポイントフィールド」が関係していると言うことが書かれていました

量子力学の世界で使われる「ゼロポイントフィールド」と言う言葉を知っている人もいれば、初めて聞くと言う人もいるかもしれません

ここで私がそのことを細かく解説すると長文になってしまうので、よかったら参考になるコラムやYouTubeを貼り付けておきますので興味ある人は見てみてください⬇︎

https://search.yahoo.co.jp/amp/s/gamp.ameblo.jp/daimular208729/entry-12376761543.html%3Fusqp%3Dmq331AQIKAGwASCAAgM%253D

https://gud2015.com/zero-point-field

YouTubeはこちら⬇︎

https://www.youtube.com/watch?v=EpR-L0NRxjg

ゼロ・ポイント・フィールドとは、「何もないところに全てがある」というところです

肉体と意識体をもつ人間も、多次元的にココに存在します

量子物理学の見解は、仏教の般若心境でいう「色即是空」の空と同じものです

空は、何もない空っぽという意味ではなく、何もないところにすべてのものがあるという教えです

そのすべてのものとは、波動情報になります

つまり、過去・現在・未来のすべての情報が波動と言う形でこのゼロフィールドポイントにあると言うことです

過去のさまざまな物理学者は次のような言葉を残しています


「無限のエネルギー」が存在する!

(ハロルド・パソフ博士、アーヴィンラズロー博士)

「このエネルギーフィールドが唯一の現実」

(アインシュタイン博士)

「観測される現実は、宇宙の観測不可能な深い領域内蔵秩序から現れて顕在秩序となる。空間は虚空どころでなくエネルギーに満ち充ちているのだ。」

(デビッド・ボーム博士)

一見聞くと、アカシックレコードとも同じ概念のように感じますが、私は同一の存在として考えています

違うと言う人も中にはたくさんいます

アカシックレコードを知りたい人はこちら⬇︎

https://akashic-japan.com/jara/info_akashic/

ある説によると、人の無意識=潜在思念は、ゼロポイントフィールドと本来はつながっていると言う仮説です

つまりすべての人間や動向植物はつながっていると言うことです

このゼロポイントフィールドの場を介して、人と人の無意識も完全につながっていると言われています

人と自然もつながっていると言われています

そして過去・現在・未来も含めて全ての情報を蓄積している場所でもあるのです

私も時折、目の前にいる誰かとではなく、何かとつながっている感覚を感じたことがあります

また未来で起きることがある程度予測することも時折あります

このような不思議に感じる感覚も全て納得できることなのです

そのゼロフィールドポイントとは、どこに存在するのでしょうか?

実は今ここの目の前に存在してると言うことです

講習会で時折高次元の科学や空間の中に多次元が存在することをお話しさしてもらいます

中には怪しいと言ったり宗教的だと言う人もいます

しかし現実的には多次元が存在するだけじゃなくてゼロフィールドポイントも今この目の前に存在してると言うことです

遠い宇宙の彼方にあるのではなく、今ここにあるのです

すごくワクワクして興味をそそる題材ですが、興味ない人にはつまんないブログだと思います🤣

そんなことを今回コラムから感じたのでブログに書きました(^◇^)

  • Comment ( 0 )

  • Trackbacks are closed.

  1. No comments yet.

You must be logged in to post a comment.

Related posts

最近の記事

おすすめの記事

おすすめ商品

キャンペーン情報