ブログ

Z世代の娘たちを持つ親として考え深いものがあります

先日娘にこのようなことを言われました

「なんで年寄りはFacebookばっかりやってるの?」

株式会社 日向の鳥辺康則です(^◇^)

つまり若者はFacebookなんてやらないと言うことです

TikTokやInstagramが中心でそれ以外はあまり利用しないと言っていました

へーそうなんだーと感心します

Z世代とは、1995年から2010年の間に生まれた若者たちです

デジタルネイティブと呼ばれ、物心ついた時からスマホやデジタルデバイスが近くにあり世界中の情報を得ることができる世代なんです

実はZ世代は今や世界人口の3分の1を占めています

娘たちを見ていてもびっくりします

友達と電話で話すのではなく、ビデオ通話で顔を見ながら平気で毎日話し合ってます

テレビなどを見ずに、YouTubeや好きな番組をスマホで視聴しています

我が家でもテレビをつけているところ見たことありません(テレビを見るのは昭和世代の私だけです)

俳優や女優よりもインフルエンサーに憧れ、文字よりも絵文字を多様化しています

同質性よりも多様性を好む性質もあるみたいです

この世代はオンラインのコミュニティーでつながることに意欲的で、全く抵抗がないことにもびっくりします

一般的にはこの世代の若者は未来に対して悲観的だと言う人もいますが、私はそうは思いません

非常に現実的で、未来に対して楽観的な希望も持っています

環境問題やエシカル的な消費を好み、自ら積極的に行動しようとしてる姿もすごいです

そして僕が1番びっくりしてることは・・・

物質の保存欲があまりないことです

高級車が欲しい!

ブランドのバックが欲しい!

高価なジュエリーが欲しい!

物欲があまりなく、経験や体験に時間やお金を費やす傾向にあります

やったことないことにチャレンジする

行ったとこない所へ行く

そんなことにはお金をかけるのですが、物にはあまり興味がないみたいです

世界中のZ世代を調査した結果でも同じようなことが示されました

そして分かった事は・・・

物事を主体的に考え、環境の変化に向き合い適応する努力を必死にしていると言うことです

つまり、柔軟性や変化に対応する力を持っており、前向な原動力で生きていると言うことです

これってポストコロナ時代に求められる重要なことではないかと本当に思います

世界の常識が大きく変わることが余儀なくされる世の中で、Z世代は困難に踏みとどまらず、突破口に向かって前に進んでいるように思います

不安を煽るような情報が飛び交う中で、確実に存在感を発揮しているZ世代のポジティブな群像は、世界を再び上向かせる原動力になるかもしれないと思っています

これからの時代はフレキシブルな価値観や考え方が必要だと思います

絶対◯◯でなければならない

そうしなければだめだ

などの固定観念や絶対主義的なものがまかり通らない時代が来ます

今後も娘たちの発言や行動を観察すると同時に、フレキシブルな対応を見習っていきたいと思いました

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事一覧

最近の記事

おすすめの記事

おすすめ商品

キャンペーン情報